2009年12月11日金曜日

彦根城博物館所蔵の琵琶

平曲語りの鈴木まどかさんから
彦根城博物館で、所蔵の琵琶の展示が
行われているとの知らせを受け
早速足を運びました
来春に平家琵琶を製作するので
その参考のためにもぜひ見ておきたかったのです

滋賀県には何度も足を運んでいますが
彦根城は初めてです
幕末、安政の大獄の後、江戸城桜田門外で
暗殺された井伊直弼はここ彦根藩の
十三代藩主だったということです





広い城内の一角に
博物館が建てられています





博物館入口の大きな掲示板に
雨に打たれて散ったモミジの葉が付いています
最初見たときには、こういうデザインなのかと
思ったほどです・・





今回の展示では、所蔵の琵琶29面のうち
楽琵琶と平家琵琶が合せて9面
中国琵琶が1面展示されていました
琵琶についての解説は
鈴木まどかさんのブログを参照ください


私が重点的に見たのは各琵琶の
覆手の位置とその肉付けの具合です





琵琶の他に、芸術に多大な尽力をした
井伊家代々のコレクションも展示されていました
これは刀のコーナー、三振りだけでしたが
日本の代表的な名刀ですから
ワタクシメでも一目で時代と作者は判りました
中央は新刀(江戸時代初期)の肥前・忠吉(ただよし)
両側は鎌倉時代中頃(古刀)の備前・一文字(いちもんじ)
右は鎌倉時代にはあり得ない姿ですが
大磨り上げが為されています
(以前より短くなっている)

3 件のコメント:

火の鳥 さんのコメント...

自然の芸術というかモミジの葉の付き方とてもいいですね。
なかなか考えてもできないです。
まどかさんに「紅葉」を語っていただきたいです。

kiyond さんのコメント...

コメントおおきにです。
そういえば、琵琶の材にモミジやカエデは使われないようですね・・
甲板や海老尾に使えると思うのですが・・
西洋の楽器には普通に使われます。
カエデ材には柔らかめの種類と硬めの種類がありますが、
西洋の楽器では主に柔らかめのものが使われます。
土壌の影響もあるのでしょうが、日本のものはほとんど硬めですね。
琵琶に試してみる価値はある、と見ました。

火の鳥 さんのコメント...

材料については全くの素人でわかりませんが、琵琶には硬い木が使われているようですね。

紅葉の琵琶で紅葉を語る。いいかも