2010年7月29日木曜日

丸尾山砥石恐るべし その3

京都亀岡の丸尾山産仕上げ砥石を
新たに手に入れました


これは「千枚」層 のものです
この層のものは持っていないので
ぜひ試したかったのです
丸尾山産としては硬口ですが
しっとりとした研ぎ心地です






硬口の良質な仕上げ砥石は
このように鉄の華が見事に散ります
研磨力も強く、「刃の黒幕#1500」の傷が
あっという間に消えていきます
研ぎ汁が邪魔になることもなく
砥石の底力を十分感じることができます
これまで多くの丸尾山砥石を使いましたが
これが一番のお気に入りになりそうです
小振りの原石ですから長さは短く不定形ですが
私はそんなことは気になりません






研ぎ上がった寸八鉋の身
鋼は安来鋼の青紙だと思いますが
地・刃共に見事に冴えわたっています
こういった一般的な刃物でしたら
1分も研げば実用上の仕上ができます
これには大変助かります

このようなすばらしい砥石が
存在するということ
そして、その砥石を掘り出す人が
いてくれるということに
思わず手を合わせてしまうのです

この砥石を使った研ぎの動画(You Tube)

2010年7月28日水曜日

不思議な符合(隼人と錫)その2

錫石は日本でも産しますが、産地はそれほど多くありません(参照)。丹波にも2カ所ほど産地があり、紹介したサイトで説明されている明延鉱山は、発見されたのが平安時代初めとされていますが、それ以前にも鉱石は何か掘られていたかもしれません。ですが一応、古墳時代以前には掘られていなかったとしておきましょう。
丹波のもう一ヶ所の産地は京都府亀岡市稗田野行者山にあります(地図参照)。この近くには大谷鉱山がありますが、そこは大正時代からタングステンを採っていたところなので、古代の錫の産地とは関係はあまりなさそうです。
問題は行者山の錫石です。行者山と名前が付いているくらいですから、古代から鉱石を求めて人が入っていたものと思われます。それから、その地に鎮座する稗田野神社です。この神社の由緒はかなり古そうで、また説明されている裏側には他の事実が隠されているような気がしてなりません。
それもそのはずで、この地、口丹波でもある亀岡市は隼人との深い関係があったのです(参照)。その隼人発祥の地とされる鹿児島県にも錫石の産地があるのは偶然とは思えないのです。



この地図は兵庫県篠山市中心部の
平安時代頃の郷域想定図です

2010年7月27日火曜日

三河名倉砥


中砥(参照)の三河名倉砥を手に入れました
愛知県北設楽(したら)郡で採掘されていた砥石で
現在では掘られていないということです(参照
刀剣の研ぎでも重要なものだそうです(参照

反応よく、心地よく研ぐことができます
この砥石は一般刃物用としては
大きめのサイズで30切サイズ
幅75mm、長さ205mm、厚さ42mm

私は刀剣用の人造中名倉砥も
使っていますが、やはり天然ものの
優れたものは研ぎ心地が違います
こういった優れた天然ものには
今ではまず出会うことができません


鉋身を研いでみました
人造砥石の#1000の傷を
わずかの時間で消すことができます
この後仕上げ研ぎを行いますが


これは京都梅ケ畑奥殿(おくど)産の
仕上砥石(巣板層のもの)です

これもたいへん優れた仕上砥石です


これで研ぎ上がりです


因みに、これは30年ほど前に手に入れた
三河中名倉砥です
惜しみながら大事に使っています

これは今年手に入れたものですが
三河名倉の中でも白名倉を専門に
掘っていた方の手許にあったものだそうです
この方は亡くなられ
今では三河名倉砥の採掘は
完全に途絶えたということです

この写真の砥石は右側に針気が多く
ちょっと研ぎにくいですが
鋼に傷が付くことはありません
厚みが1cmほどしかないので
使わずに資料として残しておこうと
思っています

2010年7月23日金曜日

不思議な符合(隼人と錫)

青銅は銅と錫(すず)の合金ですが、ウィキペディアでは青銅の歴史の項目で「イラン高原は、銅と錫、燃料の木材が豊富であった。また、多くの銅鉱石は錫を同時に含むので自然に青銅が得られた。」と説明されていますが、これには疑問を感じます。
シュメール語(楔形文字)の研究者であるゼカリア・シッチン氏は、青銅器が発明されたとされる紀元前3000年頃の王室の記録に、「グアデ王は金属で輝く神殿を建てた。彼は金属を使って神殿を輝かした。彼はエ・ニンヌの神殿を石で造り、それだけではなく、錫を混ぜた銅で神殿を建てた。鍛冶の頭領も、この地を守る女神の司祭も、その神殿の前で共に働いた。両手に余る幅のキラキラ光る石でレンガの壁を包んだのだ。両手に余る閃緑岩の輝ける石で。」というのがあると著書で紹介しています。
そして、神殿を造る石を加工するための青銅製の道具を作る際、あるいはレンガの壁を包むための閃緑岩を加工する青銅製の道具を作る際、その道具の硬さは、ある程度決まった硬さが必要なのではないでしょうか。そうしなければ道具として役に立たない。そのためには青銅の成分を調整する必要があると思うのです。つまり錫の含有率を同じにする必要があります。
シュメールから出土している青銅の銅と錫の比率は、およそ銅85%に対し錫が15%だということですが、この比率は様々な試行錯誤の結果出されたものだと思われます。そのためには、やはり鉱石を製錬する必要があります。
ウィキペディアの説明のように、たとえ銅と錫を含む鉱石が採れたとしてもすべてが同じ比率ではないだろうし、他の金属が含まれているかもしれません。文明の産物として出来上がったものはもっと高度なものではないでしょうか。
ですから、錫を得るためには錫石から製錬した方が能率的ですし、シュメール文明でもそれが為されていたようです。錫石はシュメール近辺にもあったようですが、記録によると、ほどなく掘りつくされてしまい、遠く離れた地の二つの錫鉱山から調達していたということです。ということは、そこに輸入業が成り立つことになるわけです。こうしてシュメールの商人たちは錫石を求めて、現在のボヘミアやザクセン地方にまで手を伸ばしていたということです。
また、同時代のテル・ゼロール遺跡(古代イスラエル)からは、青銅を産業としていた地域の倉庫群、溶鉱炉址などが発掘されています。溶鉱炉の「るつぼ」や「ふいご」、それから「ふいご」の先端部の羽口も出土していて、羽口も形状が違うものがあるということですので、「るつぼ」に風を当てるやり方も幾通りかあったということになります。ということは青銅器が作られ始めた当初から、大規模で、しかも高度な製錬が行われていたということになるのではないでしょうか。それから、テル・ゼロール遺跡の周辺では鉱石は採れないということなので、原料は他の地域から調達していたことになります。



さて、唐突ですが

これは弥生時代の銅鐸です
古代丹波北部にあたる
兵庫県豊岡市気比(けい)で出土したものです
これも青銅製で、出土したものは
いわゆる青銅色をしていますが
これは錆の色で



本来はこのような色をしています

これは古代の出土した銅鐸と
同じ金属成分を再現した複製品です
これは手に入れてから20年ほど経っていて
本来はもっと明るい色あいでした

日本で出土した銅鐸の成分に
ついてはこちらを参照ください




参考までに、、これは日本の銅鐸の
ルーツではないかと言われている
古代中国、三星堆遺跡から出土している銅鐸です


これは丹波篠山の古墳から出土した
三環鈴(さんかんれい)と呼ばれる馬具
これも青銅製です


2010年7月21日水曜日

刀匠 高見國一氏

兵庫県佐用町の刀剣作家である高見國一氏が
今年の「新作名刀展」で最高賞である
「日本美術刀剣保存協会長賞」を受賞されました
近畿の刀匠が最高賞を受賞するのは
31年ぶりだということです


高見國一氏の作品
氏のブログから転載

すばらしい備前伝の刃文です
ぜひ実物を手に取って拝見したいものです

2010年7月19日月曜日

ふくやま美術館 国宝名刀展

篠山刀剣会の企画に参加し広島県福山市にあるふくやま美術館で行われている
国宝の名刀展を見に行ってきました
(PDFファイル)



美術館入り口から
右を望むと福山城が見えます


左側には洋風の建物が・・
すぐ向かいには歴史博物館があり
JR福山駅も間近で
観光には便利なところでありました

何よりも感心したのは
会場の刀剣の展示の仕方です
日本刀は、光の当て方で千変万化しますので
こういった刀剣の展示会場では
展示品を見るのに欲求不満が募ることが多いのですが
この会場はそれをあまり感じませんでした
おそらく担当者が、日本刀の鑑定が
できるくらいの素養を持っているからではないか
と思われたのです
そういった点で大変有意義でした

それにしても国宝級の名刀のすばらしさ
存在感の偉大さに時の経つのを忘れて
見入ってしまいました・・


2010年7月15日木曜日

碧玉と九鬼水軍 その21 

古事記の有名な段、天照大御神が天の岩屋戸に籠った際に呼ばれた神に、鍛人(かぬち)の天津麻羅(あまつまら)鏡を作った伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)、勾玉を作った玉祖命(たまのやのみこと)、鹿の肩甲骨で占いを行った天児屋根命(あめのこやねのみこと)と布刀玉命(ふとたまのみこと)、岩屋戸の前で踊った天宇受売神(あめのうずめのかみ)などがいます。
この内、占いを行った天児屋根命は九鬼家の祖とされていて、天宇受売神は前々回紹介した猿田彦(参照)とペアにされている女神です。
古事記・日本書紀では、朝廷に仕えた丹波出身の女性のことが多く記されていますが、その任務の主なものは大嘗祭などの神事で呪術を行うことだったとされています。伊勢神宮外宮の祭神である豊宇気毘売(とようけひめ)の本拠地(元伊勢)が丹波北部の丹後半島にあるのも、その一例です。
その神社とされる籠(この)神社(真名井神社)の主祭神は現在では豊受大神という男神とされていますが、もともとは女神の豊宇気毘売だったものと思われます。真名井神社の由来は真名井の水という湧き水がある所を神社にしたとされているのも、祭神は女神だった証拠となるものです。
また、この地には羽衣伝説があります。





2010年7月12日月曜日

碧玉と九鬼水軍 その20 


前回述べた猿田彦命と天宇受売神を
インドの古代インダス遺跡から出土した
神官像と踊り子像に比定する説があります



このことは以前HPでも述べたことなのですが
参照 最後の段)
上の二枚の写真と同様の人骨が
日本の弥生時代の遺跡から出土しているのです(参照 参照
佐藤矩康氏は神官像の額の丸いものを
天目一箇神(あまのまひとつのかみ)の
由来ではないかとしていますがこの説は説得力があります

上の神官像の額を見て、現在でも日本で
同様のものが見られるのをふと思いだしたのです
それは修験道の行者の頭に見られるものですが(参照
頭巾(ときん)といわれるものです
これが、本来何のために額に付けたのか分かっていないようですが
これはインダスの神官像が付けていたものの名残ではないでしょうか・・
同様のものが弥生時代の人骨に見られのですから・・
もしそうだとすると、九鬼家と繋がっていくのです・・

2010年7月5日月曜日

碧玉と九鬼水軍 その19 

これまでに紹介してきた、丹波篠山のニギハヤヒと関連のある地名、「草ノ上」と「味間」の間には丹波最大級の前方後円墳である雲部車塚古墳が、その西には元々は岩座(いわくら)信仰が行われていたと思われる、大変古く由緒ある佐々婆(ささば)神社が、そしてその西には丹波最大の円墳である新宮古墳があります。これらを地図上の記してみると、篠山川に沿って均等な距離にあるのが分かります(地図参照)。また雲部車塚古墳の北東にある櫛石窓神社もほぼ同距離隔たっています。これは何か意味があるのでしょうか・・興味が湧きます。
「多紀郡郷土史話」では多紀の郡(こおり)は古代は水郷であったとし、先に紹介した地図上の古墳は当時の湖の浜に臨んで造られているようである、としています。ですから、湖の大きさを車塚古墳から味間までとすると、大きさは東西12kmほどあったということが推測されます。
上にリンクした味間のところで、味間という所は古代は湿地だったと述べ、その名残りとしての大沢、牛ヶ瀬という地名を挙げておきましたが、それと同様の和田という地名が佐々婆神社の近くにあるのです。「多紀郡郷土史話」の著者は湖岸を和田と呼ぶことは我が国各地にその例が多いと説明しています。他には「多紀郡郷土史話」が書かれた(昭和9年頃)当時、地名として残っている北島、善左衛門島、松ノ木島、沢田島などは湖中に点々とした浮き島状の地であったものと思われる、としています。
また別誌の「多紀郷土史考」では湖水の東岸に当る所に磯宮八幡宮がある、としていますが、これらをまとめてみると、篠山盆地の古代の湖は平安時代頃まで存在していたということが想像されます。そしてその湖は北東の端が車塚古墳があるところで、南東の端には磯宮八幡宮があり、西の端には味間の島姫神社があったということが言えそうです。(地図参照下さい)。
篠山の地は明らかに銅鐸民族圏です。この地では銅鐸はまだ発見されていませんが、状況証拠は多く存在します。その一つが神社の祭神です。先に紹介した新宮古墳のすぐ近くに居籠神社(いがも)というのがあるのですが、この神社の祭神は猿田彦命です。近くを流れる藤岡川は昔は猿田川と呼ばれていたということで、この川からは昔、猿田彦と対になっている天宇受売神(あめのうずめのかみ)の塑像が見つかっているということです。
天宇受売神は先に紹介した佐々婆神社の祭神でもあります。この女神は天照大神が岩戸隠れをした際に、アマテラスの注意を惹くために、閉じられた岩戸の前で胸をはだけて踊りを披露したとされる神でもあります。ですから、猿田彦命と天宇受売神は大変に古い時代の神ということになります。そして、銅鐸を日本にもたらしたのは猿田彦命とされているのです。


江戸時代に描かれた岩戸開きの図
左側で胸をはだけて槍のようなものを
持っているのが天宇受売神


雲部車塚古墳近くにある神社
神社の名はどこにも記されていませんが
赤い鳥居と神殿の様式から
八幡神社と思われます




社殿の装飾に象が施されています
これはこのあたりの神社で
よく見られる特徴であります(参照


これは古代丹波北部、後の但馬(たじま)に属する
朝来(あさご)市和田山町にある
長尾古墳から出土した大刀拵え
古墳時代後期 全長105cm

2010年7月2日金曜日

不思議な符合(鎧と能)

これはイタリアの古代遺跡である
ポンペイの壁画の一つです(紀元前後 )
この人物はアレキサンドロスとされていますが
この鎧は日本の古墳から出土しているものの中に
よく似ているものがあるのです(参照






それから、これは1983年頃に
加治木義博氏が指摘していることなのですが
上の写真は中国・甘粛省卓尼(チョニ)に伝わる
民族芸能の様子です
この衣装が日本の能装束によく似ています
面をかぶっているのもそうですし
袴のようなものも似ています
それから、注目すべきは右手に持っている刀です
これは日本刀にそっくりではないですか・・
チョニの芸能と日本の能
どちらが古いのかは分かりませんが
これには驚いてしまいます