2010年8月28日土曜日

驚異の鉋 中惣

いま使っている荒削り用の
寸六鉋(身巾6cm)の刃が
だいぶ短くなったので
そろそろ新しいものをと
探していたのですが、ネット・オークションで
「中惣」銘の古い鉋を目にしました
古い鉋のことはあまり知らないのですが
この鉋は一見していい雰囲気が感じられたので
入札しておきました
オークション終了の日
他に誰も入札がなく数千円で落札


ということで、手許に届いた鉋がこれです
出品した方は、こういった古い道具を
専門にされているようで
古い鉋身を新しい台にすげ換えて
すぐ使えるようにしてありました


「中惣」という銘がなんとか判読できます


裏はベタ裏になっていたので
自分で透き直しました


鋼にグラインダーを当てて
火花を出してみましたが
炭素鋼系の火花が散りました

研ぎ角度は鉋では有り得ない21度に
研がれていましたが(通常は25~30度)
とりあえずそのままの角度で
研ぎ直しました

そして使ってみてびっくり
ギターの裏板の荒削りをしてみたのですが
切れ味よく、5mmほどの厚さの
硬いインド産ローズウッド(紫檀)を
2,5mm前後まで削っても
刃先はびくともしていないのです
しかも逆目もほぼ止まっている・・

いま使っている鉋に
これほど強靭で永切れする鉋は
燕鋼かハイス鋼のものくらいしかありません
おそるべし

削りの様子はYou Tube にUPしておきました




ローズウッドの荒削りをした後の状態ですが
やや刃先が細かく変形しているところがありますが
これは研ぎ角度が鋭利なのが原因だと思われます
ですが、まだまだ健在です


荒削りの鉋屑
刃先角度が鋭利なので
逆目にやや深く入り過ぎています




刃先だけ角度を27度ほどで研ぎ直し


今度はギターの響板の補強材に使う
パサパサのスプルースを削ってみました
荒削り用に調整した鉋台でも
これくらい削ることが出来ればOK

削り肌も美しい

2010年8月26日木曜日

優れた中砥 会津白砥

会津産(福島県)の中砥、会津白砥を手に入れました
早速試し研ぎをしましたが
反応よく、強い研磨力があります




画像では分かりにくいですが
表面には艶があり磨きあげた大理石のようです


但馬砥もこのような感じですが
研ぎの手応えは但馬砥よりもかなり柔らかい感じがします
試し研ぎの様子をYou TubeUPしました
この動画では
会津砥の次に三河名倉を使った方が
良かったかもしれません
次回、違った組み合わせの砥石で
やりなおしてみます

ということで第二弾をUPしました


2010年8月18日水曜日

驚異の砥石 三河名倉砥か小鳥砥か・・

新たに天然中砥を手に入れましたが
これは三河名倉砥ということで
入手したのですが、どうも違うようですね・・
おそらく岐阜県に産する小鳥(おどり)砥のようです


使ってみてビックリ
柔らかめですがよく反応し、強烈な研磨力があります
この砥石を使った動画をUPしました

これは一般的な鉋身ですが
ご覧のように傷が浅く
次の仕上研ぎがたいへん楽に行えます
やや粒度にムラがありますが
木工用の砥石としては問題ありません

そしてまた驚いたのは
ハイス全鋼の鉋身を研いだときでした
一般的に日本の刃物は、研ぎやすいように
柔らかい鉄に薄い鋼を鍛接 して作られていますが
最近は諸外国の刃物も手に入れることができ
私はドイツで売られている中国製の鉋も使っています
その身は強靭なハイス鋼だけになっていて
優れた人造中砥でも研ぎの反応がよくないのです
ところがこの砥石では
上の画像のようにサクサクとよく反応するのです
これには驚きます

研いだ跡ですが
強靭な硬い鋼なので砥石の傷が付きにくいのか
仕上研ぎをしたように仕上がっています
この後の仕上研ぎは必要ないくらいです

これは現在一般的に出回っている
ハイス鋼の鉋ですが
研ぎやすさを考慮してか
従来の鋼と同様の硬さに調整してあるようです
(その分永切れがしません)
ですから上のハイス全鋼よりも
砥石の傷が深く残っています

2010年8月15日日曜日

特注サイズギター製作 その1

これから特注サイズの
モダンタイプ・クラシックギターと
これも特注の19世紀ギター
ラプレヴォット・タイプを製作していきます
今回製作するのは、HPで紹介している
アグアドが使っていたとされるタイプです
どちらも初めての試みなので
注文をして下さった方の了解を得て
その製作過程をブログで紹介していきたいと思います
これは特注サイズのモダンタイプの響板ですが
この状態は、一枚の板を厚みを半分に製材した後
本を開くように両側に開いたものです
その状態でニカワで接ぎ付けます

この板はヨーロッパ・アルプス産のスプルースで
30年近くエイジングさせたものです
全体に大波の杢が入っています


その接ぎ面を長台鉋で仕上げるのですが
板をぴったりと合うように削るには
まず鉋台の削り面の確認から行います


鉋台が狂っていたら矯正し、それが終わったら
このように接ぎ面を仕上げます
その様子はYou Tube にUPしましたので
そちらでご覧ください



接着面が仕上がったら
このようにニカワで接着します


今回製作する特注サイズは
上の型の黒い縁のものです
依頼のサイズになるように
新たに図面を描いたものです
その外側の型は現在の私の
モダンタイプのサイズです
このサイズは一般的なクラシックギターよりは
小さめで、トーレスの標準タイプや
ブーシェの弟子に当たる
ジュリアン・ゴメス・ラミレスとほぼ同じ大きさです

特注サイズの内側の型は
19世紀タイプの私のオリジナル
最も小さいのがラプレヴォット・タイプです

接ぎ付けが終わったら
大まかに表面を仕上げて
ギターの形に切り抜きます
その削りの様子もYou Tube にUPしました

次の工程はこちら


切り抜きは、私は小型のバンド・ソーで行っています


今回製作する二台分の響板と裏板が揃いました


2010年8月14日土曜日

一夏の記憶・・クマゼミ

そろそろ蝉たちの死骸を散見するようになりました
ここ数年こちら丹波地方でも
クマゼミの鳴声を多く聞くようになりました

子供の頃、福岡に居た頃は
クマゼミは我々にとってあこがれの王様でした
めったに鳴声を聞けないし
高い木に止まっているので姿も見えない
迫力のある声が出ている彼方を見上げて
溜息しか出ないのでありました

地元では「ワシワシ」と呼ばれていました
鳴声がワシワシと聞こえるからですが
物心がついて、昆虫図鑑などというものを
開いてみると
「クマゼミ:シャーシャーと鳴く」と
解説されているのを
なしてシャーシャー?
ぜったいワシワシや!と涙がこぼれんばかりに
なりながら、蝉採り仲間に報告に行ったのでありました
それ以来、ワタクシは図鑑や事典を信用しません



2010年8月12日木曜日

謎の出土砥石

出土した砥石を手に入れることができました
出土地は明らかではありませんが
これの出所がはっきりしていたら
このように一般人のところには回ってきません


明らかに砥石として使われた
痕跡がありますね
しかもかなり古そうです
長さは約20cm


裏側の様子
写真では分かりにくいですが
全面が何かに擦られたのか
滑らかになっています
おそらく砥石を使う際に
石の座りをよくするために
やわらかい地面か、何かを敷いた上に
置いていたのかもしれません
そして研くときに砥石もいっしょに動いた
ということも考えられます
それでもこのように滑らかになるには
かなり長い期間使われたものと思われます


不思議なのは
写真の左側半分ほどに
何かがこびり付いているのですが
これがかなり硬いものなのです
砥石と同じくらい硬い



危険な成分が含まれていないか
検査をしてもらいましたが




大丈夫のようです


カッターナイフで傷を付けてみました
硬いです
なんとか傷が付いたという感じで
カッターナイフの刃はボロボロになりました
我々が木工用として使っている
天然砥石はこれほど硬くはありません


同じような砂岩系の和歌山県産の
荒砥も削ってみましたが
それほど硬くはありませんでした

中砥の硬めの但馬砥でも
カッターナイフではサクサク削ることができます


そして、こびり付いているものも
ほぼ同様でモルタルのような感じです
これは一体何なのだ

このことはひとまず置いといて
この砥石を実際に使ってみようと思います
こんなことも、出所がはっきりしている
考古学上重要なものだったらまずできません


これは作りかけのデッカイ勾玉です
石材はミャンマー産の硬玉(ヒスイ)
この状態は、ダイヤモンド・グラインダーで
荒削りをしたものです


これを砥石に当ててみました
もちろん水をかけて研ぎます
ザクザクとよく反応するではないですか・・


3分ほど研いで確認してみると
グラインダーの傷痕が見事に消えています


砥石の方は
このように経年による表面の汚れが
削れて原石の肌が現れました
砂岩ですかね・・


それじゃ刃物はどうなのか早速試しましたが
これもよく反応し
黒い研ぎ汁が出るではないですか
おそるべし

2010年8月9日月曜日

不思議な符合(隼人と錫)その7

これは鹿児島県の上加世田遺跡から出土している
縄文時代後期の玉(ぎょく)類ですが
以前のコメンでト述べたように(参照)、これらの原石は
これまで糸魚川産とされていたものが
地元南九州産のものであることが判明しています


そしてこちらは、古代インダスの遺跡から
出土している装身具です
赤い管玉は紅玉髓製で
長いものは10cm近くありそうです
形状は上加世田遺跡の長いものと
よくにていますが、インダスのものの方が
より洗練された印象を受けます


同じく古代インダスの遺跡から出土したもの


これは手許にあるものですが
緑色のものは中国で作られたもので
時代は詳しく分かっていません
石材はミャンマー産の硬玉(翡翠・ヒスイ)です
右上の光沢のあるものは
比較的新しいものだとされています
下の長いもので長さは約5cm

ただし古代中国の玉の玉製品は
艶が強ければ新しいとはかぎらず
良渚(りょうしょ)文化の玉製品は
古くても艶が強いものが多く
これはその地域の好みがあったようです

赤っぽい樽状のものは

ナイル川沿いの古代遺跡から出土したもので
時代は石器時代(紀元前5000~3000年頃)
とされているものです
石材はローズクォーツで紅玉髄と
成分は同じで石英質のものです

丸いものはサンゴで作られていて
これはごく新しいものです
それらをこちらで適当に組み合わせたものです