2010年11月16日火曜日

19世紀ギターラプレヴォット ヘッドとボディのニス塗り

19世紀ギター ラプレヴォット・タイプの
セラックニス塗りの様子 動画UP

2 件のコメント:

R さんのコメント...

わあ!!とってもきれいでセクシーですね!!
この子は女の子かな?
私の慶次くんはI先生が3弦がが気になりますねとおっしゃいました。そう、あのひょっとこ現象の起こっている3弦です。
それでいろいろ先生が弦を変えてくださいました。
これからも3弦くんを追及していこうと思います。

kiyond さんのコメント...

3弦のノイズは先生も原因が分からなかったのですね。
ほんのちょっとした原因でなっていると思うのですが・・
たとえばブリッジ・ピン穴に差し込んでいる弦の先端が
響板に触れているとか・・
この場合、3弦でノイズが出ていても他の弦が原因の場合も
あります。
弦を少し緩めて、サウンド・ホールから手を入れて
ブリッジの裏側まで手が届くようでしたら、
指先でブリッジ・ピン穴の弦の先端をいろいろ触ってみて
ください。
それで雑音が止まる場合があります。