2011年5月10日火曜日

沼田・虎砥と愛宕山仕上砥で東郷鋼鉋を研ぐ



先日UPした動画の画像を紹介しておきます
これはどこの産地のものか不明ですが
ひじょうに硬く、面直しをするのに一苦労しました
硬いにもかかわらずよく反応し
心地よく研ぐことができます
この面は板目ですが青砥のように
使う面を柾目にする、というような
気を使う必要はなさそうです
 
 そして、この面は柾目です
ジャリジャリとした研ぎ感ですが研ぎ傷は浅く
粒度は#1200といったところでしょうか
内田広顕著 「刃物に関する諸材料
で説明されている砥石のなかでは
山形県の前森砥が近い感じがします
「凝灰岩 緑色・塊状・緻密 中砥」と説明されています
あと緑色を呈している中砥としては
秋田県の金山石ですが、「岩脈を成す石英粗面岩 」
という説明には該当しない感じです


次に使っているのは京丹波・亀岡産の青砥です
亀岡には青砥の産地として
岡花・青野・宮川が連なっていますが
これは今では幻の砥石となってしまった岡花産のものです


以前の動画で、割れた青砥を接着して
使っているのを紹介したことがありますが(参照
先般、森砥石さんが工房に寄ってくれた際に
その青砥を見てもらったら「これは岡花産のもので
うちが昔掘っとったものでっせ」と言われたのです


こうこうこうで、と事情を説明したら
後日持ってきて下さったのがこの砥石なのです
青砥は、どの産地のものも
硬いものから柔らかいものまで様々ありますが
これはやや硬めで砥泥が邪魔にならず
しかも研ぎ易く、心地よく研ぐことができます
そして何よりも青砥によく見られる
粒度のムラがほとんどありません
これには大変助かります


ややピンボケですが
研ぎ傷の粒度は上の産地不明のものと
それほど変わらない感じですが
傷が深めなのか地鉄(じがね)がやや濃く見えます


そして次に使っているのは
これは沼田・虎砥です
一見、三河名倉に見えますが
縞の感じが違います











研ぎ上がりも優れた中山ものと同様に
粗めの研ぎ感の割には緻密に仕上がっています
細身ながら、たいへん優れた仕上砥です


さて、最後の仕上研ぎは
京都愛宕山産の仕上砥を使ってみました



硬めですがよく反応し
強い研磨力があります
サリサリとした研ぎ感は、中山産と言われても
違いが判らないほどです

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

別のお刀にも内曇をかけてみました。
このお刀も錆だらけで私の手元にきたものです。
長義のような刃紋が出てきましたが、大すりあげのため、銘がありません。残念。
とても潤いのある肌です。
研ぎを進めるのが楽しみです。
               源 信正