2011年9月20日火曜日

アルコールニスの原料、セラックを薬研で砕く シェラック・ニス


今日から本格的にニス塗りを行います



ニス塗りの動画は以前UPしたもの
参照ください

フレンチ・ポリッシュ仕上はこちら


アルコール・ニスのレモン・セラックが 
ちょっと足りないようなので
今のうちに溶かしておこうと思います

これはセラック・レモンの原料で
フレーク状になっています 


レモン・セラックは溶解しにくいので
できるだけ細かく砕きますが
まず日本で古来から使われてきた
薬研(ヤゲン)でおおまかに砕きます
この最初の砕きはヨーロッパでは
布に包んで槌で叩いたりするようですが
いろいろと試した結果
この薬研が最も具合がいいのです


 薬研はその字のとおり、本来は漢方薬などを
砕くために考案されたもののようですが
これを考え出した人を尊敬します


次にコーヒーミルでさらに細かく砕きます
まさかコーヒーミルがこんなところで
役に立つとは思いもしませんでした・・
動画をUPしました


砕いたセラック適量を瓶に入れ
3倍ほどの容量のアルコールで溶かします
私は変性エタノールを使っています


アルコールを入れ、瓶を振って撹拌すると
間もなくセラックはゲル状に固まり
瓶の底に沈殿します
瓶を立てたままにしておくと
底で固まったセラックが溶けにくいので
写真のように斜めに立て掛けておき
2~3時間おきに瓶を1/4ほどグルリと回転させます
そうすると底に溜まったゲル状のセラックが移動し
撹拌され溶けやすくなります
こうすると数日で溶けますが
私は念のため1週間ほど放置しています


完全に溶けたら濾し紙で濾過します
これは以前溶かしておいたレモン・セラックです

セラックは、精製の状態にもよりますが
変質するとアルコールに溶けなくなります
これまでの経験では、レモン・セラックで5~6年
無色セラック(Shellac sun)だと3年ほどで変質します
ですから私は原料はドイツから少量ずつ取り寄せ
無色セラックは冷凍保存しています
参考までに輸入先はHAMMERLです


2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

レモンセラックの精製は御刀研磨の仕上げに使う拭い液の作り方に似ています。
拭い液は、刀を叩くときに飛び散る鉄をかき集め、それを薬研で細かくしたあと、乳鉢で更に細かくします。
十分に細かくした鉄粉に、椿油を加えそれを和紙で漉したら出来上がり。
研師によって、更に色んなものを添加していきます。
出来上がった液は真っ黒です。
お刀に着色するのではないのですが、何故か拭いをかけると鉄の青みが増します。・・・・不思議です。
ところで、斜めに置く理由がわかりません。
若しかすると、口から溢れ出さないように?
4分の1というところが・・・・秘密ですね、ゆっくりとゆっくりと・・・しかし、この方法ではワインの底に澱が溜まっていくように残りそうなんですが、上手く溶けるんですね。
           源 信正

kiyond さんのコメント...

拭い液を作るときにも薬研を使うのですか・・
薬研おそるべし。

瓶を斜めに置くのは、底に固まったセラックを動かすためです。
かなりしっかりと粘って固まっているので
真っ直ぐに立てたままでは動かしようがないのです。
斜めに立てておくと、瓶を回転させた際に
じわりと底のセラックが移動し、より早く溶けるのであります。