2012年2月21日火曜日

久しぶりに砥取家さんへ・・

You Tubeに研ぎの動画をUPするようになって
砥石に関する問い合わせを
多く受けるようになりました
外国の方からもよく質問を受けるのですが
今回、砥取家さんが掘られている
御廟山産の砥石のことを知りたい
という問い合わせがきました
この方は日本製の木工道具や砥石を
使っておられ、同じような仲間もいるようで
砥取家さんの砥石のことは
私よりも詳しいくらいなのです(参照
私は御廟山産の仕上砥は持っていないので
砥取家さんに教えを乞いに行ってきました


ここは山から掘り出してきた砥石を
加工する作業場


御座敷には大小様々な砥石が展示されています



御廟山産の砥石がありました


これは鏡面に仕上がる硬口の
砥前だということです Sizeは30型


上の砥石で仕上げられた小刀を
見せてもらいました
すばらしい研ぎ上がりです
研ぎ上げたのは村上さん

4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Thank you very much sir! Great
report and great pictures. You
are the best!

How do you feel gobyoyama compared
to Otaniyama in terms of hardness
and finess?

kiyond さんのコメント...

Thank you for your comment.
Gobyoyama has various types.
It is most similar to Otaniyama is Ikimurasaki.
And follow the indications was your opinion.

匿名 さんのコメント...

Thanks for the reply sir. Do
you feel gobyoyama ikimurasaki
is very high quality or medium
quality compared to nakayama kiita?

Thanks. You are like encyclopedia
of tennen toishi!

Yalcin

kiyond さんのコメント...

Gobyoyama ikimurasaki is very high quality as well Nakayama kiita.
I think Gobyoyama is easy sharpening than Nakayama kiita.