2012年3月24日土曜日

二塩化メチレンとシリコン・ボンドを混ぜてみる


知人の化学者から助言を得て
3月22日に行った実験(といっても、好い加減な)
二塩化メチレンで行ってみました

塩化メチレンはアクリル用接着剤として
市販されているものだそうですが
10年ほど前に買っていたのを思い出し
探し出しました


これを買って使ったときは
それほど使わなかったと思うのですが
ここまで減っていました
揮発性が高いようなので
密閉していても揮発したものと思われます


早速シリコン・ボンドと混ぜてみました
シリコンが溶解されているような気がしましたが
二塩化メチレンの溶解力の強さか
紙コップに沁み込むのが早く
また揮発が早いので
シリコンと混ざっているのか
よく確認できなかったのです
ただ、シリコンの粘度は下がっているような
手応えはありました

二日後の固まった状態は
通常の固まり方よりもやや柔らかい感触でした


前回と同じように
塩ビ・シートにシリコン・ボンドを出し


布で拭き取ってみました


次に二塩化メチレンを沁み込ませた布で
拭いてみると、溶解力が強いためか
あっという間にこのとうり
塩ビ・シートの方が溶けてしまいました
アクリル板などを溶解して接着するものなので
当然の結果とも言えますが・・


これも前回と同様に
木にシリコン・ボンドを塗り付け


それを二塩化メチレンで除去し





よく乾かした後
タイトボンド(水溶性接着剤)
接着してみました


タイトボンドが乾いた後
少し力を入れて剥してみたら
このように接着面を痛めることなく
剥すことができました
ということは、完全に除去できていなかった
ということになります


これは22日に
IPAで除去したものを

同様に接着していたものですが
指で剥すのが難しい状態だったので
プライヤーで挟んで剥してみたら
このように剥がれました
木目の向きが割れやすい状態だったので
今日行った板の接着とは比較できません


ということで
同じ板の別の箇所にシリコンボンドを塗り


IPAで除去しました


よく乾かした後
同様に水溶性のタイトボンドで


接着


タイトボンドが完全に固まってから
手で剥してみましたが
かなりの力でも剥がれず
無理をしたら、画像の状態のように
割れてしまいました
残りの部分はまだしっかり接着されています
ということは、二塩化メチレンは揮発が早いので
木に沁み込んだシリコン分を充分に
除去できていなかったのかもしれません


2 件のコメント:

shigeji さんのコメント...

シリコン系接着剤は、トリオール(トルエンの代替)で希釈することができると思います。(たぶん)

接着剤の成分にたぶん書いてあるかと思います。

どこで買えるか?は。。。職場で少量分けてもらったので。(毒物扱いだった記憶です。)

田中清人 さんのコメント...

ご教示ありがとうございます。
若い頃、有機溶剤で体を壊したことがあるので
これ以上試す気が起こりません・・
申し訳ないです。