2012年5月13日日曜日

森砥石店 新入荷仕上げ砥石


森砥石さんが新たに入荷した
天然仕上げ砥石3点を持って来られました
今回のものはどれも硬めの鏡面仕上げ用で
研磨力があるものばかりです

まず最初は奥殿産巣板

かなり硬めですが滑走感はほどよく
研ぎ易い仕上砥です
筋はあたりません


このようにピカピカの鏡面に仕上がります
寸八鉋身の鋼は東郷鋼

前の段階は丹波亀岡・岡花産の
青砥で研ぎましたが
中継ぎの仕上砥をかけなくとも
3分ほど研げば青砥の傷は
ほぼ消すことができます
さすが奥殿産巣板といったところです

青砥の粒度は#1200といった感じです


次は産地不明の仕上砥
これも硬めですが上の奥殿産よりは
かなり研ぎ易く
どなたにも使い易いと思います


裏の皮の様子やまったりとした研ぎ感
からは菖蒲や尾崎産のような印象を受けます



これは仕上げ砥石の名門
京都梅ヶ畑・中山産のもの

硬い砥当たりですが
中山産独特のシャリシャリとした研ぎ感で
強い研磨力があります
筋は当たりません


以上、鏡面仕上げ用の仕上砥
3点を紹介しました
サイズ、価格など詳しいことは
森砥石さんに問い合わせください

刀剣研ぎ用の内曇も
大きな塊りを3本ほど在庫している そうです
良心的な価格ですので
興味のある方は問い合わせてみて下さい

0 件のコメント: