2012年5月25日金曜日

森砥石さんの新入荷情報


森砥石さんから
新たに試し研ぎを依頼されたので
その砥石を4点紹介します

まず最初は丹波亀岡(京都府)
神前(こうざき)中ノ谷産仕上砥

いかにも丹波産の仕上砥という顔をしています
中ノ谷は八木ノ島と隣接しているそうですが
八木ノ島産の仕上砥にも同様のものが見られます
この砥石はカチっとした硬質感ですが
良く反応し心地よく研ぐことができ
強い研磨力があります
砥泥もよく出ますが邪魔になることはありません
優れた青砥で研いでいるような研ぎ感ですが
これで鋼が緻密に仕上っているのですから驚きます

ご覧のように鋼は鏡面まではいきませんが
ピカッと緻密に仕上がります
中研ぎは丹波岡花産
青砥(粒度約#1500)を使いました
鉋身の鋼は東郷鋼です

2枚目は京都梅ヶ畑産と思われる仕上砥です
いわゆる東物と呼ばれるものですが
産地までは同定できません
砥石上部の側には「正本山砥」という
印が押されています

硬めの鏡面仕上げ用ですが
反応よく、心地よく研ぐことができます

地・刃ともに鏡面に仕上がります
青砥の#1500ほどの傷が
2分ほど研いでこの状態ですから
研磨力は強いものがあります

次も正本山砥の印が押されているもので
これはさらに硬いものですが
研ぎ難さはありません

滑走感もあり使い易い仕上砥です
画像では分かりにくいですが
(たすき)に細い筋があり
ややこれに乗る感がありますが
刃や地鉄に悪影響はありません

鋼の輝きに冴えがあります
これも上のものと同様
青砥の後に2分ほど研いだものです

4枚目の仕上砥も
同じく正本山砥の印があるものです

これも硬めですが
上の2枚よりはやや柔らかさがあります
その分よく下り、心地よく研ぐことができます

鋼はほぼ鏡面に仕上がりますが
上の2枚のようには冴えません

以上、森龍次商店に新入荷した
天然仕上砥を紹介しました
サイズ、価格など詳しいことは
直接お尋ねください

0 件のコメント: