2012年6月23日土曜日

森砥石さんの新着情報


森砥石さんが試し研ぎのため
天然仕上げ砥石を2点持ってこられたので
それを紹介します


これは京都梅ヶ畑・奥殿(おくど)産の蓮華巣板
カラスとも言えますかね・・
一見柔らかそうに見えますが
かなり硬めの仕上砥です



この前の中研ぎは、いつものように
京都亀岡・岡花産の青砥を使いました
水加減をうまく調整すると
このように良く反応します


鉋身は東郷鋼が使われた寸八
このようにピカピカの鏡面に仕上がります
粒度#1200ほどの青砥の傷を
2分程度で消すことができるほどの
強い研磨力があります



ハイス鋼の鉋にはとくに良く反応します


ハイス鋼をこのように緻密に
仕上げることができる仕上砥には
なかなかお目にかかれません





次に、これも奥殿産の巣板


これはさらに硬い仕上砥で
通常の鋼の刃物では名倉が必要です


これはハイス鉋を研いだもの
ハイス鉋には名倉をかけなくても
このように良く反応します

仕上がりは上の蓮華巣板よりも
さらに鋼が輝きます
ハイス鋼がこれほど仕上がる仕上砥は
他にあまり知りません
ハイス専用の仕上砥として
威力を発揮するのではないでしょうか

以上、二点の奥殿産仕上砥を紹介しました
詳細は森龍次商店へ問い合わせ下さい


0 件のコメント: