2012年7月30日月曜日

繰子錐(クリコキリ)と自在錐


ギターの丸いサウンドホールを切り抜いたり
縁飾りを嵌め込むための溝を切るための
サークルカッターはどのようなものを
使っているのかという
問い合わせがありましたので
私のやり方を公開します(参照



これは30年以上使っているもので
ギター製作をやり始めたときに
最初に手に入れたものです



手で回すものを繰子錐(クリコキリ)
あるいはクリックボール(商品名)
切り抜く部分を自在錐といいますが
今でもホームセンターなどで売られています




センターと刃部は自分で加工し直しました



右はサウンド・ホールを切り抜く刃
左は縁飾りの溝切り用とした刃です










因みに、これはパフリング・カッターとして
使っているケガキコンパスです
足の片側を短くし、もう一方を刃にしました
パフリングの位置をこれで軽く傷を付け
彫刻刀(印刀)で切り込みを入れています



これまで自作した専用ケビキや
市販されているパフリング・カッター
使ってみましたが、どうも使いにくいので
今はこれを使っています
もう20年ほどこれでやっています


2012年7月27日金曜日

森砥石さんの新入荷仕上砥 〇カ


森砥石さんが新たに入荷された砥石の
中から1枚、試し研ぎのため
持って来られました

雑味が一切ない上質の仕上砥です


側には知る人ぞ知る〇カのマーク

最初に鋼に青紙スーパーが
使われた小鉋(身幅45mm)の身を
研いでみました
石質は硬めの鏡面仕上げ用ですが
適度な刃物への喰い付きがあり
強い研磨力を感じます

中研ぎで使った青砥(#1500ほど)
傷が3分ほどで消えました
ご覧のようにピカピカの鏡面に仕上がります

次に身幅45mmの「も作」銘の小鉋
を研いでみました
「も作」独特の強靭な鋼(安来鋼・白紙1号でしょうか)
2分ほどで実用上差し支えないほどまで
仕上げることができました


詳しいことは森龍次商店まで
お問い合わせ下さい

2012年7月26日木曜日

工房の様子


今日の工房の様子
ラプレヴォット・タイプはニス塗りを終え
乾かしているところです
奥に吊るされているスプルースは
次に製作する特注トーレス・タイプと
ラプレヴォット・タイプに使うもの




ラプレヴォット・タイプの響板と横板
右のローズウッドはトーレス・タイプに使うもの


これは次に製作する
ラプレヴォット・タイプの裏板


2012年7月24日火曜日

10年ほど使った小刀



10年ほど使った小刀
刃が短くなると柄を鉛筆のように削ってきた
これで1cmほど短くなっている

この身は30年ほど前に
ある刀匠に打ってもらったもの
5本打ってもらったが
すべて切れが悪かったので
自分で焼き入れ・焼き戻しをし直した
3本はどのようにしても改善されず
使えるのは2本だけでした・・
これはそのうちの1本


2012年7月21日土曜日

自作の小刀、焼戻しを終える

19日に焼入れ・焼戻しを行った自作刃物
平造りの方を研ぎ上げてみましたが




約170度、1時間焼戻しでは
刃こぼれがひどい状態でした
鋼は安来鋼(やすぎはがね)白紙1号


再度、約190度で1時間焼戻し
まだ刃こぼれが目立ちます


そういうことなので
今度はガスコンロで上の状態になるまで熱し
戻してみました


これで刃こぼれがなくなりました
ですが、結果的にこの前の状態が
最も切れ味が軽かったような気がします・・
刃物というのは不思議です・・


同じ鋼材から切り出した二本を
同様に焼戻しを行い
刃角度を約25度に修正しました


左は片切刃、右は平造り


刃角度を25度まで低くすると
身の厚みとの関係で
研ぎ面が広くなりすぎたので
日本刀の「鵜の首造り」のような形状にしました
右の平造りは鵜の首になっていますが
左の片切刃は半面だけが鵜の首状です
これで研ぎ面の面積が狭くなったので
研ぎ易くなりました

その後の研ぎの様子



参考までにこれは以前紹介した
鋼材から切り出した様子


2012年7月19日木曜日

自作刃物の焼き入れ



焼き入れの準備を終え


先ほど焼き入れを行いました


動画をUPしました


焼き入れ後の状態
焼き入れ前に刃物に焼刃土などは
塗りませんでした




ただいま焼き戻し中・・




オーブントースターを使う場合もあります




焼き戻しを終えた一枚を
荒研ぎしてみたが
焼き戻しが足りないという
判定が下りました
現在、再度焼き戻し中・・


2012年7月18日水曜日

玉鋼の特殊小刀


藤井刀匠に新たに鍛えてもらった
玉鋼の小刀を仕上げました
(藤井刀匠の鍛錬の様子はこちら

この小刀は以前紹介した、先端が
日本刀の平造り短刀のように
両側から内側に反っているもので
ギター製作用として重宝するのです
このような小刀は市販されていないので
この小刀の良さを
少しでも知ってもらえたらと思い
藤井刀匠に2点新たに打ってもらったのです


これはまだ研ぎの途中で
これから最後の仕上研ぎを行います



これは昨日、焼き戻しをして
試し研ぎをした状態で削ってみたものです
玉鋼の小刀は切れが軽く、永切れします

青紙や白紙の鋼の小刀と削り比べを
やってみましたが、やはり玉鋼には
切れの軽さがありました

研ぎ上がった刃先の状態

画家 竹内絹さん



本の整理をしていたら
画家・竹内絹さんの本が現れた・・
2007年付けの手紙が添えてある
竹内さんとはもうずいぶん前
20年ほど前になるのか
知り合ったのだったか・・
たぶんそうだったと記憶している
たしか神戸でやった私の楽器製作展に
来てくれたのでした



その後、近藤さんの作品展の会場に行くと
必ずと言っていいほど竹内さんと顔を合わせた
関東に住んでおられる竹内さんが
関西でやっている近藤さんの
作品展会場に足を運ばれているその時に
こちらがその会場に赴く・・
そんな偶然が重なったので
竹内さんも私のことを気にかけてくれていて
それで本を出版されたときに
私にも送って下さったのだと思う・・
この本は、大正八年生まれの竹内さんが
喜寿(八十八歳)のときに出されたもの



本を頂いたお礼に
自作の勾玉をお送りしたら
いたく喜んで下さって
丁寧な礼状を頂いた・・

今はどうされているのかは
近藤さんからも聞かないが
天衣無縫な絹さんのこと
風のようにあちらこちらに赴き
笑顔を振り撒いておられるに違いない