2012年7月10日火曜日

森砥石店の新着砥石2点


森砥石さんが新たに入手した
天然仕上砥を試し研ぎのため
2点持って来られました

まずこれは先日紹介した
京都梅ヶ畑・菖蒲産のような感じの仕上砥
今ではめったにお目にかかれない厚みです


一見柔らかそうな雰囲気ですが
一部焼けが入っているので
硬いのかも・・という感じです


研いでみると
かなり硬い感じです
硬い割には反応は悪くはなく


このようにピカピカの鏡面に仕上がります
筋は当たらず、3分ほどで青砥の約#1500の
傷を消すことができました
鉋身は千代正銘・寸八




こちらは只者ならぬ顔をした巣板
天然仕上砥石の名門
京都梅ヶ畑・中山産ということ




硬めですがザクザクとよく反応します



強い研磨力があり
1分ほどで青砥の傷が消えました
しかも鋼(はがね)はほぼ鏡面に仕上がっています
強靭な特殊鋼の千代正を
難なくここまで研ぎ上げる恐るべき仕上砥で
奇蹟の一枚と言えます





側と底の皮の様子



詳しくは森龍次商店
お問い合わせください


0 件のコメント: