2012年7月14日土曜日

玉鋼?の鉋身



古い鉋身を手に入れました
身幅5,7cm
刻印銘がありますが判然としません
二字めは房と思われます

ひどい錆でしたが
なんとか使えそうです




古い鉋身によく見られる
薄い造り込みです


研ぎ易く、しかも鋼(はがね)には強靭さを感じます


刃先を拡大してみると
微細な刃こぼれが確認できます
玉鋼特有の状態です
焼き戻しでうまく直ってくれるでしょうか・・



地鉄(じがね)は細緻でたいへん美しく
幕末・新々刀期の刀を見ているようです
仔細に観察すると微細な柾目のようで
地沸(じにえ)がキラキラと細かく輝いています
和鉄独特の景色です
現代の鉋ではほとんど見られません



拡大しても美しさが伝わってきます




0 件のコメント: