2012年7月15日日曜日

森砥石さんの新着砥石情報


森砥石さんが試し研ぎの砥石を
2点持って来られました

これは京都梅ヶ畑・奥殿(おくど)産の巣板


ひじょうに硬い仕上砥ですが
刃物への喰い付きがよく
強い研磨力があります
筋は当たりません
硬い最終仕上げ用の砥石なので
研ぎ汁はあまり出ませんが


3分ほどで粒度#1500ほどの中砥の傷を
ほぼ消すことができました
さすが奥殿産巣板といったところです
鉋身は石社(いしこそ)作・寸八、鋼は炭素鋼





2点めは産地不明の仕上砥
おそらく東物(京都梅ヶ畑産)であろうということです




やや硬めの砥石ですが
よく反応し、強い研磨力があります
研ぎ感はまったりとしています



#1500の青砥の傷が
2分も研がないうちに消えました
しかもご覧のように
ピカピカの鏡面に仕上がります
硬めの砥石で、三分研ぎ(研ぎ面の幅が約9mm)でも
ここまで反応するのですから
奇蹟の1枚と言えるでしょう

価格など、問い合わせは


0 件のコメント: