2012年11月21日水曜日

佐伯砥と奥ノ門産仕上砥で自作小刀を研ぐ

今ではほとんど入手困難な
京都丹波産・佐伯(さえき)砥を手に入れました
研ぎ動画参照ください

古事類苑では(参照
丹波に産する佐伯砥は荒めの砥石である
同じく丹波の猪倉からも
佐伯砥と称される砥石が掘られている
と説明されていますので
産地がいくつかあったものと思われます

佐伯砥独特の
黒いゴマ状の斑点が顕著に確認できます

やや硬めですがよく反応し
たいへん研ぎやすい中砥です
粒度は約#800といった感じですが
研ぎ傷が浅いので後の研ぎが楽に行えます

佐伯砥の産地と同じ地域である
丹波亀岡産の青砥に比べると
傷はやや粗いですが
青砥よりは均一な傷です
研いでいる小刀は自作のもので(参照
(はがね)は安来鋼(やすぎはがね)・白紙2号


動画で次に使っているのは
産地不明の中砥で、粒度はおよそ#1200

やや硬めで反応がやや鈍い感じです

その分、研ぎ上がりは緻密です


そして、仕上げ研ぎの中継ぎとして
奥ノ門産の仕上砥を使いました

ほどよい硬さで、よく反応し
強い研磨力があります


地・刃ともに微塵に美しく曇ります


最後に使っているのは
京都梅ヶ畑・中世中山産の仕上砥
鮮血のような赤い模様が入っています

硬めの石質ですが
カチカチの鏡面仕上砥ではなく
ほど良い研ぎ感で鋼は鏡面に仕上がります



0 件のコメント: