2013年3月12日火曜日

森砥石さんの新田産巣板

森砥石さんが京都・新田産巣板を
原石から新たに加工したということで
試し研ぎのため2丁持って来られました

まずこれは大判の巣板
新田産巣板としては今ではまずお目にかかれない大きさです



側の様子
巣のピッチがやや狭い箇所がありますが
厚みはタップリとあります



裏の様子



ほど良い硬さでよく反応し
強い研磨力があります
新田巣板としては珍しく、しっとりとした研ぎ感です
筋は当たりません



1分も研がないうちに青砥の傷(粒度約#1200)が消え
鋼は輝きが出ています
誰にも使い易い理想的な仕上砥です




もう1丁は上のものよりやや硬めの巣板で
梨地が現われています



裏の様子



こちらも良く反応し、強い研磨力があります
新田巣板独特のシャリシャリとした研ぎ感で
文句なしの仕上砥です
筋は当たりません



こちらも鋼は鏡面ちかくまで仕上がります

サイズ、価格などは森龍次商店までお問い合わせを


0 件のコメント: