2013年4月30日火曜日

河原で拾った砥石で鉋身を研いでみる


丹波に滞在中の山口県の数寄屋大工、国分秀基氏が
京都の川の河原で砥石の原石を拾ってきたということで
早速試し研ぎを行ってみました
これはどう見ても中研ぎに使う青砥ですね・・


面を出して、いま仕事で使っている
青紙スーパー鋼の鉋身を研いでみました
硬めで反応があまりよくありませんが
何とか研ぐことはできます
青砥は柾目面で研ぎますが
この面は板目になっているためか
研磨力がありませんが


研ぎ上がりは、青砥特有の針気がなく
美しい研ぎ上がりです(動画参照下さい)
柾目面で研いだらどういう結果になるのか
石をカットしてぜひ試したいところです


2013年4月28日日曜日

森砥石さん新入荷情報


森砥石さんが新しく入荷した砥石を
試し研ぎのため持って来られました
今回は三河白名倉砥2丁と仕上砥1丁
まず、これは三河(愛知県)産の白名倉砥
三河名倉砥はすでに掘り尽された砥石で
こうした大判のものは、今ではほとんどお目にかかることはできません




研いだ感じでは八重ボタンあたりの層でしょうか・・
締まり気味の石質なので
目起こしをして研ぎ始めました


中砥ながら鋼に輝きが出るほどまで研ぎ上がります




そして、こちらも三河白名倉
ほとんど真っ白でこのような大判となると
これは奇蹟的と言っても過言ではありません・・




上のものよりはやや粗い感じで、層はボタンあたりでしょうか・・
こちらは目起こしをせずに研ぎ始めました


地鉄の傷は上のものより荒いものの
鋼は輝きが出ています




最後に京都梅ヶ畑・菖蒲(しょうぶ)産の仕上砥


梨地がかった美しい石質です
下方の筋がやや当たります
気になる場合は除去した方が安心です


やや硬めですが良く反応し強い研磨力があります


菖蒲産独特のまったりとした研ぎ感で
鋼は鏡面近くまで仕上がっています

以上、サイズ価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせください


2013年4月25日木曜日

知人の数寄屋大工が来丹


数寄屋大工の知人、国分秀基氏が山口県から来丹
まず刃物産地の三木市へ案内
ここは通称・井上神社
木工に関する資料館と言っても過言ではない秘密の場所・・
誰でも入ることはできない
手にしているのは氏所有の五寸鉋
五寸角(約15cm角)の柱を一削りで仕上げることができる




これは井上神社に保管されている
木工道具の一つ、左〇廣銘のコテ鑿(ノミ)
左市弘銘の鑿はよく知られているが
はて、これはどういうものか・・
その後、左勝廣銘と判明(参照

奥に写っているのは、明治から昭和にかけて活躍した
刃物鍛冶名人・千代鶴是秀作の十本組鑿(ノミ)
現代の名人大工である国分氏もこれには溜息しか出ない・・

その後、一路 京都亀岡へ・・


ここはかの森砥石さん・・
五寸鉋の最終仕上げ用の砥石を吟味中


こちらの手持ちの砥石もいろいろと試し研ぎ
動画UPしました





2013年4月21日日曜日

製作中の2台のLacoteタイプ 旋盤加工でパーツを作る


ブリッジ・ピンとエンド・ピン、そしてブリッジ装飾のボタンを
作るための黒檀材を下拵えした状態


旋盤加工の動画をUPしました


ブリッジ・ピン


エンド・ピン(ストラップ・ピン)


出来上がり
明日弦を張る予定


ハナズオウと端材のオブジェ


工房近くの土手に毎年この時期美しい花を付ける樹がある
何という樹か知らなかったが
ハナズオウというマメ科の樹らしい




花が一斉に咲いた後に
遠慮がちに葉が出てくる・・


枝には去年の実が枯れたまま付いている
マメ科だからか、エンドウマメのような形状・・



これは今日の作業で出た端材で作ったオブジェ




2013年4月20日土曜日

古い会津鉋 寸六鉋身を3枚入手



古い会津鉋、寸六鉋身(身幅65mm)を3枚入手しました

まず、「重道」銘のもの
かなり錆がひどく、鋼もごく薄いものなので
使えるようになるかどうか微妙なところです・・


裏を透き直し、研ぎ上げてみました


刃の両端がほとんど鋼がない状態です
それでも何とか使えそうです
刃角度は約27度


研ぎ上がりの状態
刃先は緻密に仕上がっており、期待が持てます
(はがね)は炭素鋼です



次は、これも同じく「重道」銘の寸六
銘ぶりが上のものと違いますね
こちらの方が達者に切られています
銘の下の花押の刻印も微妙に違っています
こちらもベタ裏になっていて
所々深い錆がありますが、鋼が厚いので
何とか使えるようになると思います






裏を透き直し、研ぎ上げました


刃先2mmほどを刃角度27度に修正しました




こちらも精緻な仕上がりで期待が持てます
鋼は炭素鋼

所々見える横縞は
研ぎ上げた後に塗った刃物油を拭き取った跡

後日、この鉋と國弘鉋2丁とで削り比べを行い
YouTubeに動画をUPしました




最後の1枚は重延(しげのぶ)銘の寸六
重延といえば左銘のものが有名で人気もありますが
こちらは左銘になる前のものですから
時代は大正頃でしょうか・・
特殊鋼系の火花が飛びますので
大正時代のものでしたら東郷鋼ということになります


刃先から1mmほどを刃角度約27度に修正しました


刃先に問題はありません
研いだ感じでは粘りが強い鋼のような印象を受けました
以上、3枚の古い会津鉋
台に挿げ、使ってみた感想は後日報告します



森砥石さん、新入荷情報


森砥石さんが試し研ぎのため
新入荷砥石を持って来られました
今回は仕上砥3丁
まずこれは京都梅ヶ畑・菖蒲(しょうぶ)産ではないかというものです




やや硬めの石質ですが
良く反応し強い研磨力があります


前段階の中研ぎ(京都亀岡・岡花産青砥・粒度約#1200)
の傷が僅かの時間で消すことができました
研いだ感じは菖蒲産のような感じですが
鋼の仕上がりは中山産のこの手の仕上砥に
よく見られる仕上がりで、文句なしの仕上砥です




これも菖蒲産ではないかという巣板層のものです




上のものよりもやや硬い石質ですが
研ぎ難さはなく、水加減を調整すると良く反応してくれます


鋼はほぼ鏡面に仕上がります




最後はカチカチの鏡面仕上げ用です
京都梅ヶ畑・奥殿(おくど)産ではないか
ということですが、ここまで硬いものは
なかなか研いだ感じでは判断できません
側の様子は一見、西物のようにも見えます


皮の様子は梅ヶ畑近辺のような印象も受けますが・・


硬い割には水加減と力加減で良く反応してくれます
刃物への喰い付きも強すぎることがないので
心地よい滑走感があります


鋼はピカピカの鏡面に仕上がりますが
粒度#1200の青砥の傷をいきなり消すことは
かなり無理があります・・
やはり最終仕上げ用の仕上砥として使うべきですね

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい