2013年5月22日水曜日

森砥石さん新入荷情報


森砥石さんが新たに入荷した仕上砥を4丁
試し研ぎのため持って来られました
まず産地不明の巣板Suita
かなり硬い最終仕上げ用です
筋が1本やや乗り上げる感があります

裏の様子

硬口ながら研ぎ感は悪くありません

はがねは鏡面に仕上がり地鉄じがねも冴えます
この鉋の鋼は安来鋼・青紙スーパー
Super Blue Steel

次は京都梅ヶ畑・奥殿Okudo産白巣板
いかにも奥殿産といった顔をしています

こちらは反対面
こちらの方が質は安定しているように見えます

最初の画像の面から研いでみました
筋は当たりません
硬口ながら反応良く、真っ黒な研ぎ汁が出ます
研磨力も強烈です

反対面も同様の研ぎ感
こちらも当たる筋はありません

奥殿巣板独特の仕上がりで
地・刃ともに美しく曇ります


3丁めは京都亀岡・大内Oouchi産の巣無し巣板
右上に太い筋がありますが当たることはなく
ほとんど問題ありません

裏の様子

ほど良い硬さで反応よく、強い研磨力があります
砥泥は邪魔にはならず
研ぎ面の弱さもありません

荒い研ぎ感からは想像できないほどの鋼の仕上がりです
これで充分使えるレベルに仕上がっています


最後にこれも京都亀岡・大内Oouchi産の巣無し巣板
紅葉風の細かい模様が天の川のように流れています

裏の様子

先に紹介した巣板よりは硬めですが
これも良く反応し、強い研磨力があります

中研ぎの青砥の傷(粒度約#1200)が
あっという間に消えました
しかも鋼はほぼ鏡面に仕上がっています
上に紹介した奥殿産よりも仕上がりは冴えがあります
研ぎ感からこれは丹波Tanba産かな・・と思われますが
黙ってこれを出されたら
研ぎ上げたとしてもこれが丹波産とは
おそらく気が付かないでしょう・・
東物として流通しても気が付く人は少ないと思います
それほど優れている仕上砥だと思います

以上、サイズ、価格などは
森龍次商店までお問い合わせ下さい

0 件のコメント: