2013年5月7日火曜日

森砥石さんが仕上砥石を持って来られました


森砥石さんが新入荷砥石を
試し研ぎのため持って来られました
まず京都梅ヶ畑・菖蒲産の巣板


ナマズが入った一見柔らかそうな巣板ですが
ほどよい硬さで研ぎ易く、強い研磨力があります
筋は当たりません




砥泥がよく出ますが、邪魔にはならず
心地よく研ぐことができます


中研ぎの青砥の傷(約#1500)が
あっという間に消えました

地・刃ともに微塵に曇ります
文句なしの中継ぎ用仕上砥石です




次は京都梅ヶ畑・中山産の浅黄戸前


底の皮や側の様子がたいへんに参考になるので
これはこちらの資料として分けてもらいました


たいへん硬い仕上砥ですが
ほど良い喰い付きで心地よく研ぐことができます


青砥の#1500の傷を
この仕上砥石でいきなり消すことは無理ですが・・



今日手に入れた國弘銘寸六鉋を研いでみました
これは仕上げ研ぎの順を踏んで
中継ぎ用の仕上砥の次に使ったので
鋼は鏡面に仕上がっています






以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

田中さん今日は、
此の砥石(中山)は、奥殿と研ぎ比べた感じは如何でしょうか?
硬さ・目の細かさ等教えて頂けたら幸いです。

kiyond さんのコメント...

お問い合わせありがとうございます。
この中山浅葱はかなり硬く鏡面に仕上がりますが
カチカチとした感じはなく、砥当たりは粘りがあります。
かといって喰い付きが強く刃物が動きにくい
ということもありません。
理想的な鏡面仕上砥と言えると思います。
奥殿産の浅葱系にも同様のもがありますが、
手持ちの奥殿浅葱と比べた場合、
こちらの中山浅葱の方が滑走感がよく研ぎやすい感じです。
仕上がりはほとんど変わりません。

匿名 さんのコメント...

有難う御座います、
今度この様な砥石がでたら購入の基準になりそうですね。