2013年6月9日日曜日

江戸時代の丹波柏原の彫物師 中井権次一門


先月、ここ丹波篠山の北隣の市
兵庫県丹波市氷上町で江戸時代に活躍していた
寺社装飾彫刻家一門、中井家についての
研究発表があったので足を運びました
中井一門は江戸時代の初めに寺社大工として柏原かいばら藩に招かれ
四代目からは彫物を専門として名を馳せたということです
その作品は今でも多く目にすることができ
地元の有志の方々による調査・研究グループが組織され
今回の発表が行われました(参照


今回、発表をされた柏原市在住の岸名経夫氏


参考資料







以下は、研究グループにより調査された写真と解説の抜粋






















これらの写真を含め、調査活動のことが丹波新聞で紹介され、
それが寺社建築の写真を専門とされている若林純氏の目に止まり、
それを縁に氏による綿密な撮影も行われたそうです(参照
この成果は中井一門の彫物写真集として
今秋発刊される予定だということです
氏の写真集は私も持っていますが、これに中井家の
彫刻が加わるということは望外の喜びです




それから、私が興味を惹かれるのは先般紹介した
播州(兵庫県南西部)三木の日原大工
この中井一門の関係で
今いろいろと調べているところなのですが
あまり、と言うか、ほとんど交流はなかったようです・・


これは柏原の中井家の元祖である
京都の中井正清を筆頭とする中井家に残る
膨大な古文書の中から建築指図をまとめた本に掲載されているもので
京都の知恩院の配置図です


そしてこれは今では見にすることができない
京都二条城の天守閣の構造図です




他には、この論文集にも三木の日原大工と中井家の
繋がりを伺えるような記述はありませんでした




「播磨と淡路の集住大工について」という永井規男氏の論文は
たいへん興味深いものでした
これらのことについては追々述べていこうと思っています


0 件のコメント: