2013年6月8日土曜日

若狭砥か・・?森砥石さんが新入荷砥石を持って来られました


森砥石さんが試し研ぎのため
新入荷砥石を2丁持って来られました
まずこれですが
福井県産の若狭砥ではないかということでした


裏の皮の様子


かなり硬めですがよく反応します
ゴムのような独特の研ぎ感で
ここまで粘る喰い付きは初めての経験です
京都丹波の北部音羽おと産のものに
このような研ぎ感のものを見たことがありますが
音羽産よりはさらに強靭に粘る感じです
ここ数日紹介している福井県産の硬口の仕上砥とは
かなり違った研ぎ感です


研ぎ上がりは福井県産の硬口仕上砥によく似ていて
はがねは鏡面に、地鉄じがねはしっとりと仕上がりますが
所々に粗い傷が付くところも似ています

青砥の傷(粒度約#1200)をこの砥石で消すのは
ちょっと無理があります
果たして産地はどこなのでしょうか・・




次は丹波亀岡・大内産の巣板


裏の様子


やや硬めですが反応よく
心地よく研ぐことができます


地鉄はやや荒い感じですが鋼は鏡面近くまで仕上がります
研いだ鉋身は古い寸六鉋
銘は「やいば」、鋼は安来鋼・青紙


地鉄の仕上がりは荒いものの
このように濃く仕上がります
この感じは他の産地ではあまり見られないような気がします

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい


7 件のコメント:

echigo さんのコメント...

見た目若狭砥に良く似ていますね。ゴムみたいな研ぎ感ということですが、この間採掘した硬口の真上の層に粘っこい層が出てきました。研ぎ感はゴムみたいです。近々持って行かせて貰いますね。

kiyond さんのコメント...

そうですか。
楽しみにしております。
研ぎ上がりはよく似ている感じです。

匿名 さんのコメント...

大内産巣板で研いだ鉋なんですが、鋼はなんでしょうか?

田中清人 さんのコメント...

コメントありがとうございます。
この鉋身の鋼は安来鋼・青紙です。
http://kiyond.blogspot.jp/2011/07/blog-post_23.html

匿名 さんのコメント...

青紙以外は研いでないですか?

田中清人 さんのコメント...

森砥石さんが試し研ぎに持って来られ
試し研ぎをした後は持って帰られますので
この鉋身しか砥いでいません。
手持ちの他の大内産の仕上砥では
色々な鋼のものを砥いでいますが
安来鋼系や東郷鋼0号でしたらどれも
同様の仕上がりになります。
厳密に言えば微妙に違いますが、
それは鋼の種類よりも
焼き戻しの程度(鋼の硬さ)の方が
影響が大きいと思います。

匿名 さんのコメント...

明解な返答有り難うございます