2013年6月8日土曜日

伊予砥三種を使って長光銘寸八を研ぐ


ここのところ、丹波産青砥を中研ぎに使った動画を
続けてUPしていたので
たまには違った中砥を使ってみようと思い立ち
長光銘寸八を研ぐに際し
粗めの中砥、中目、細目を伊予砥を使ってみました
YouTube動画参照ください
動画で最初に使った粗目の伊予砥(四国・愛媛県産)
粒度約#600


ほど良い締まり具合の砥石で
よく反応し、強い研磨力があります





次に中目の白い伊予砥
粒度約#1200


やや柔らかめで良く反応します





そして、中研ぎの最後の段階として
細目の伊予砥を使いました(粒度#2000以上)
青蓮華風の模様が全体に入っています


この伊予砥は硬口ながら目起こしをしなくても
何とか研ぐことができます
こういったものには、なかなかお目にかかれません





仕上げ研ぎの中継ぎは
丹波亀岡丸尾山産「八枚」を使いました


中研ぎを細かく研ぎ上げておくと
この砥石だけで鋼は鏡面近くまで研ぎ上げることができます



そして最後の鏡面仕上げとして
福井県産仕上砥を使いました


今回もこの仕上砥の特徴が発揮され
鋼は鏡面に、地鉄はしっとりと仕上がりました


0 件のコメント: