2013年7月16日火曜日

森砥石さん新入荷砥石


森砥石さんが新入荷砥石を試し研ぎのため
持って来られました
まずは京都・新田産の巣板
これは森砥石さん自らが採掘され
成形されているということです
高齢でもう採掘は止めようかとも思うが
新田巣板の問い合わせが多いので
出来る限り頑張りたい、ということでした・・


裏の様子


硬めのですが反応よく、強い研磨力があります
筋は当たりません


新田巣板独特の鋼の仕上がりです
この前段階は京丹波亀岡・岡花産青砥(粒度約#1200)で研いでいます



次は産地不明ということですが
研いだ感じでは京都梅ヶ畑・菖蒲しょうぶ
あるいは尾崎産かなという印象を受けます


裏の様子


ほど良い硬さで反応よく
強い研磨力を発揮します


地鉄は曇り、鋼は光るほどに仕上がります
中継ぎ用仕上砥として文句なしです



最後にこれも産地不明ということですが
カチカチの鏡面仕上げ用です


裏の様子


たいへん硬い仕上砥ですが
滑走感があり硬さを感じません
仕上がりもほど良い潤いがあります
産地は京都の東物と思われますが
梅ヶ畑でも北の五千両から大突おおづくあたりのものでしょうか・・


最終仕上げ用なので
青砥(粒度約#1200)の傷をいきなり消すには
ちょっと無理があります
上に紹介した中継ぎ用戸前の後に使うとよい感じです

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい


9 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

今日は田中さん、最後の砥石は剃刀様として目の細かさ・硬さは超硬いのでしょうか?
五千両は触った事が有りません、よく大突に似ていると書かれているのを見かけますが、目が細かく、超硬いのでしょうか?お教え願えますでしょうか。

田中清人 さんのコメント...

カミソリ用として充分使えると思います。
超硬い部類に入るのではないでしょうか。
鏡面仕上げ用の硬い仕上砥のなかには
パサパサした質感のものがありますが
この砥石は研ぎ感に滑らかさがあります。
ですから刃先も細かい刃こぼれが発生しない
仕上がりを得ることができると思います。

匿名 さんのコメント...

田中さんお早う御座います、
試しに購入して見ます(*^^)v。

田中清人 さんのコメント...

使用した感想をお願いします。
気に入らなかったら返品して下さいね。

仁淀の小鮎 さんのコメント...

今日は田中さん、
前々回・前回購入した砥石も素晴らしいですが、今回購入の砥石も滑らかな研ぎ感を通り越しツルツルに近い研ぎ感、目の細かさ又鏡面に成った鋼本当に素晴らしい砥石ですね。私の持っている大突とは何か研ぎ感が違う様に感じました。五千両は目が細かいと聞いては居ますが触った事が無く判断がつきません(^_^;)。
五千両についてお教え頂けたら幸いです。

田中清人 さんのコメント...

ご報告ありがとうございます。
おっしゃるとうり滑走感が独特だと感じます。
硬口の仕上砥でここまで滑るのものには私も
初めて出合いました。
五千両の仕上砥は私もあまり経験がなく
1丁持っていますが、質感と研ぎ感はよく似ています。
ですからブログで紹介した際、
五千両あたりのものかなとコメントしました。
これまで数多くの天然仕上砥石を試してきましたが
一つ言えることは、層や色あいが違っても
研ぎ感と研ぎ上がりは産地の特徴があるということです。

仁淀の小鮎 さんのコメント...

今日は、今現在は五千両を剃刀研ぎの本刃付けの養生研ぎにし、その後大突戸前浅黄で仕上げて居ます、此の方法が一番早く良い刃が付く様に感じます。
その後五千両で刃先を一撫ですると剃り感が優しく感じる様に思います。今まで軟らか目の砥石では有ったのですが、此の様な硬さの砥石では初めてです。有難う御座います。

田中清人 さんのコメント...

ご報告ありがとうございます。
試し研ぎをさせてもらった際の不思議な研ぎ感は
今でも覚えていますが、かなり硬い仕上砥で
あの滑走感は初めての体験でした。
その後いろいろと試し研ぎをさせてもらってますが
同様のものにはまだお目にかかりません・・

田中清人 さんのコメント...

以前それに近いものを持っていたのを今ちょっと思い出しました。
硬口の日照山の砥前です。色もよく似ています。
一般に日照山は柔らかく研磨力はあまりないとされていますが、
持っていたものは鏡面に仕上がる硬いものでしたが
滑走感よくたいへん使いやすいもので、研磨力も充分でした。
これは知人がとても気に入ってくれたので譲りましたが・・