2013年12月29日日曜日

森砥石さん新入荷情報

森砥石さんが、新たに入荷した仕上砥を
試し研ぎのため持って来られました
まず、京都梅ヶ畑産の巣板
やや柔らかめの石質


こちらの面は皮が付いていた方だということで
反対面には太い筋が入っているので
こちらを研ぎ面にしたそうです


両側の様子


やや柔らかめですが研ぎ面の弱さはなく
力強く研ぐことができ、強い研磨力があります
筋は当たりません


地鉄は微塵に曇り、鋼は光るほどに仕上がります
このままで充分仕事で使えます

どなたか、この画像をこのようにアレンジしてくれました
素晴しい


本来の研ぎ面は反対面よりもやや硬めですが
反応はほとんど同じです
上方を横切っている筋はほとんど当たりません


研ぎ上がりもほとんど同じです



こちらは京都亀岡・大内産、大判の戸前です


研ぎ面の様子


裏面の皮の様子


両側の様子


上の梅ヶ畑産巣板よりはやや硬めで
よく反応し、強い研磨力があります


丹波産仕上砥らしく、地鉄にはやや荒い傷が付きますが
鋼には及びません
鋼は上の梅ヶ畑産巣板と同様
光るほどに研ぎ上がります

鉋身は古い長光銘・寸八
鋼は炭素鋼系

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい

0 件のコメント: