2013年12月20日金曜日

ZDP189鉋身を台に挿げた後 試し削り

ZDP189全鋼・寸四(身幅55mm)鉋身を研ぎ上げ
台を作りました
鉋身は全鋼で、裏出しが出来ないので
ベタ裏にならないように
刃先からやや角度を付けて研ぎました
使った砥石は中研ぎは電着ダイヤモンド砥石と
人造砥石二種、仕上は天然砥石
小刀研ぎと同様の砥石を使いました(参照


鎬面は刃先から1mmほどを
刃角度約30度で研ぎ上げました
これも裏同様の砥石を使いました


台にする樫材を窓鋸で製材しているところ


鉋身が収まるところに墨付けをし


ノミで荒掘り


身が収まる溝を切っているところ


台が出来上がりました






YouTube動画に下端の仕上について
質問がありましたので
画像を紹介しておきます





スプルース(軟材)と


本黒檀(堅木)を削ってみました
YouTube動画UPしました

スプルース削りは切れがやや重く
削り肌もやや荒れていましたが
堅い本黒檀には威力を発揮しました


動画撮影後の刃先の状態
小刀同様、刃先の磨耗は早かったのですが
切れは止んでおらず、堅い本黒檀を削っても永切れします



0 件のコメント: