2014年4月2日水曜日

森龍次商店 天然砥石 新入荷情報

森砥石さんが新たに入荷した天然仕上砥を
試し研ぎのため持って来られました
今回は5丁
まず京都梅ヶ畑・菖蒲産の合砥


当たる筋などはありません


裏の様子


両側の様子


程よい硬さで良く反応し、強い研磨力があります
研ぎ感は菖蒲産独特の滑らかな中にサリサリとした感触があります


鋼はほぼ鏡面に仕上がり
地鉄じがねも微塵に研ぎ上がります

これで約2分研いだ状態
中研ぎは丹波産青砥(粒度約#1200)
鉋身は長光銘寸八(刃は炭素鋼)



次は京丹波・亀岡市の北隣り
南丹市園部町の芦谷産と思われる戸前
厚みはタップリとあります


雑味はほとんどありません






程よい硬さで良く反応し強い研磨力があります
芦谷産独特の鯰ナマズ肌のような
滑らかな研ぎ感です


これも亀岡市よりも北部の仕上砥独特の研ぎ上がりで
地鉄にはやや粗い傷が付きますが
鋼は鏡面近くまで研ぎ上がります



次はこれも芦谷産と思われる巣板
厚みはタップリとあります






側は手挽きの跡が確認できます


やや当たる筋がありますが
程よい硬さで強い研磨力があります
上の戸前よりも強い研磨力です


青砥(粒度約#1200)で中研ぎをした後に研ぎ
これで2分ほど研いだものです
青砥の傷はほぼ消え
鋼は鏡面近くまで研ぎ上がっています


後日、研ぎ面をやや修正し
筋の部分を除去した状態で再度持って来られました
右側の筋は無くなりましたが
左上に長さ5mmほど当たる牙のようなものが残っています
これはやや当たるので掘って除去しました



鉋身は廣貞銘の寸八(刃は特殊鋼でおそらく安来鋼・青紙)
地鉄にやや粗い傷が付きますが
鋼は鏡面近くまで研ぎ上がります





これは京都大平産の合砥(層は並砥あたりでしょうか)








程よい硬さで研ぎ易く、大平産独特の
サラリとした研ぎ感で強い研磨力があります


地鉄は微塵に曇り、鋼は鏡面近くまで仕上がります





最後に京都梅ヶ畑・中山産と思われる浅黄








かなり硬い最終仕上げ用ですが
滑走感よく、研ぎ易い仕上砥です


青砥の次にいきなりこの砥石を使うのは無理があるので
先に紹介した芦谷産巣板で研いだ後に当てました
まだ巣板の研ぎ傷がやや残っていますが地・刃共に冴えます
これで1分ほど研いだ状態


文句なしの最終仕上砥です

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい

0 件のコメント: