2014年5月25日日曜日

古い大阪鉋 源兵衛と勘兵衛を仕事で使う


昨日紹介した古い大阪鉋
源兵衛寸六と勘兵衛寸二を
仕事で使ってみました(YouTube動画参照下さい)


仕事で使った後の刃先の状態


刃先が磨耗しやすいセドロ材を荒削りしてみました

削る手応えや音がかなり違いましたが
動画で音の違いは感じてもらえたでしょうか・・
源兵衛は1枚刃ですが、切れが鋭いので
引きは重く感じました

勘兵衛は二枚刃ながら滑らかな削り感でした

源兵衛の動画撮影後の刃先の状態
やや刃先が磨耗していますが
切れに影響は及んでいません

こちらは勘兵衛
源兵衛よりも刃先の磨耗が顕著ですが
こちらも切れは止んでいません

その後、上の四丁を使ってセドロ材を荒削りしてみました
左2丁が荒削りに使った勘兵衛と源兵衛
その右は中仕工なかしことして使った古い会津鉋・重道寸六
右端は仕上げ削りに使った田圃義廣二寸
どちらも鋼は玉鋼と思われます



その後の刃先の状態(源兵衛)
まだまだ大丈夫です

勘兵衛は源兵衛に比べると刃先の磨耗が激しいですが
まだ切れは止んでいません


0 件のコメント: