2014年8月6日水曜日

森砥石さんが試し研ぎの仕上砥を持って来られました

森砥石さんが試し研ぎのため
天然仕上砥石を2丁持って来られました
まずこれは京都大平山産と思われる合砥
層は並砥あたりでしょうか・・


研ぎ面の様子
木目状の環巻かんが見られます


裏面の様子


両側の様子


環巻は悪影響は及びません
硬口ながら良く反応し強い研磨力があります


中研ぎの天然青砥(粒度約#1200)の傷が
1分ほどで消えました(鋼部分)


鋼は鏡面近くまで仕上がります




次は森砥石さんが採掘されている
京都新田産の巣板
上の大平と新田は同じ山で
採掘している場所が違うということです


新田産独特の筋が入っていますが
これは当たらず、悪影響は及びません


裏面の様子


両側の様子


かなり硬いですが
強い研磨力があります


上の大平産と同様
粒度約#1200の青砥の後に研いだもので
これで約2分研いだものです
硬口なので、青砥の傷をいきなり消すのは
やや無理がありますが
研磨力があるので、何とかいけます



以上、サイズ、価格など詳しくは
森龍次商店までお問い合わせ下さい


0 件のコメント: