2014年11月29日土曜日

天然砥石の産地 京都府亀岡市

刀剣仲間が江戸時代の地図データがあったからと
持ってきてくれました(天保八年・1837年のもの)
ありがたい


11月26日に紹介した森砥石さんの所在地は
どうなっているのか、と思い
見てみたが、細かいところまでは記されていない


そういえば、以前同じような地図を買った覚えがある・・
ということで探し出したのがこれで
寛政十一年(1799年)のもの
こちらはさらに詳しい地名が記入されていました
赤丸で囲んだところは砥石の産地
南から、佐伯(さえき)は中砥の佐伯砥が採れた所
その上の宮川は青砥の産地
宮川の下(南側)の猪倉では佐伯砥が採掘されていたようです
宮川の上の大内は砥取家さんがあるところで
こちらのブログでも紹介したように大内産の仕上砥
以前は採掘されてたということです
大内の東に記されているのは神前(こうざき)
森砥石さんの地元で、岡花、北山など有名な青砥の産地ですが
26日に紹介したように
以前は仕上砥石も採掘されていたということです
神前の北に記されている池内(池ノ内)と室河原(室川原)も仕上砥の産地で
その右にあるのが仕上砥の産地、八木嶋(八木ノ嶋)です
現在では八木ノ島と表記されています





大きな地図で見る

上に紹介した古地図とほぼ同じ地域の現代地図



参考までに、これはここ丹波篠山地域
当時は笹山と表記されていて
これが最初に紹介した天保八年の地図では篠山となっています


0 件のコメント: