2015年2月1日日曜日

羅生門銘寸六を仕立てる 押金(裏金)考

先日紹介した羅生門銘の寸六鉋は
そのままでは仕事で使えないので
自分の道具として仕立て直した
まず押金の鎬角度を修正(20度~22度)
強烈な逆目を止めるための押金は
私はだいたいこのようにしている
この鉋は寸六で、荒削りにも使うので
身の刃先の形状に合わせて
両端にアールを付けている

また、鎬面を研ぎ上げてピカピカにすると
刃先を利かせる際に先端が見にくいので
私はグラインダーをかけたままの状態にしている

ギリギリまで押金を利かせるためには
先端の状態を確認しやすいということが重要なので
押金の鎬角度は約22度以下にしている

刃先角度は50度~55度で先端はできるだけ細くする

押金の様子

刃先の先端の押さえ具合
強烈な逆目の場合はもっと寄せます

今回手に入れた羅生門銘・寸六は押さえ棒の位置が低すぎて
押金の耳を折る余裕がなかったので、押さえ棒の下部を
ヤスリで磨り減らして、何とかこの状態まで持ってきました
押金の内側と鉋身の裏の隙間が狭すぎると
刃先の合わせの状態が確認しにくいのです

鉋仕立てを説明している本などには
「身の刃先幅を押金よりもやや狭くし
両端の重なり具合を確認する」
などと書かれてあるものもありますが
この方法は大雑把な確認の仕方で
初心者には分かり易いかもしれませんが
刃先全体の状態の確認は出来ません
深い逆目を止めるためには
押金をギリギリまで刃先に寄せるので
刃先全体の確認が必要になります

また、強烈な逆目を止めるには「木端返し」よりも
押金の先端を確認出来ることの方が重要なので
私は木端返しはほぼ垂直に切っています

因みにこれは三代目・千代鶴延国こと
落合宇一氏作の寸八鉋ですが
押金は千代鶴延国式と呼ばれているもので
落合宇一氏考案のものとされています(参照
身はごく薄く、台の押さえ棒は両端しかないので
押さえ具合が難しいのですが
ピッタリ決まれば心地よく使うことができます
千代鶴延国鉋の「鉋使用説明書」では
裏金(押金)は出来るだけ緩く収めるように説明されています

閑話休題
羅生門銘・寸六が仕事で使える状態になった



早速、欅(けやき)材を荒削り
切れに問題はなく、刃先の持ちも期待できそうです

刃先の状態はやや荒れていましたが
削り肌には影響は及んでいません

先日紹介した、研ぎ上げた状態の
刃先の拡大画像(約100倍)
刃先がやや粗く乱れていますが
仕事で使う分には削り肌には問題ありません

試し削り後の様子
堅い欅材なので刃先がかなりやられていますが
まだ切れは止んでいません
これで¥12000なら御の字です
これの数倍の価格のものでも
これより劣る鉋は多く経験してきました・・

こちらは優れた羅生門銘・寸八

上の寸六とほぼ同じ量を削りましたが
刃先の強靭さはこちらの方が優れています

しばらく仕事で使ってみようと思います


0 件のコメント: