2015年2月20日金曜日

小刀の裏に琳派風の絵が・・・


これは小刀の裏研ぎをしながら
焼入れと焼戻しを行った際に偶然現れた模様
なんと、琳派風の風景画ではありませんか・・
山にかかる朧月・・


これは数年前に近所で撮影したもの
よく似ている・・


本阿弥光悦の作品にも同じようなものがあります


これは光悦の色紙
「さらぬたに 秋の旅ねは 悲しきに
松に吹くなり とこの山風」




こちらは加工された水晶の亀


こちらは海底を泳ぐ海亀のように見える
素晴しい


底から内側に彫られて表現されている
レーザー加工でしょうか・・
水晶の長さは7cmほどで亀の体長は約2cm


0 件のコメント: