2015年2月20日金曜日

再生伊予砥2種と天然砥石を使ってハイス全鋼小刀を研ぎ上げる

再生伊予砥(ロ)でハイス全鋼小刀を研いでみました
喰い付き感はありますが
砥汁はあまり出ません


研げてはいますが、切れ止んだ刃先を研ぎ下ろすには
かなり時間がかかりそうです


ということなので再生伊予砥の硬口で
目起こしをして研いでみましたが
それほど効果はありませんでした



研ぎ傷はやや荒くなりましたか・・



こちらは再生伊予砥(ニ)
(ロ)よりもやや硬口のもの
こちらはさらに砥汁が出ませんが


研ぎ傷は荒めに付いています
不思議です・・



試しにハイス鋼によく反応する天然中砥で
研いでみました
これは以前紹介した沼田・虎砥とされる謎の砥石
強靭なハイス鋼全鋼でも
ザクザクと心地よく研ぐことができます


切れが止んだ刃先もたちまち研ぎ下ろしました



こちらは天然伊予砥
これもよく反応します


研ぎ傷があっという間に緻密になりました



試みにストーブで焼いた硬口の浄教寺砥で
研いでみましたが、ほとんど反応なし
硬口の再生伊予砥で目起こしをしても
ほぼ同様でした


研ぎ傷もほとんど変化なし



そのまま神前産戸前で仕上砥ぎ
この仕上砥はハイス鋼に異様によく反応します


あっという間に研ぎあがりました・・


0 件のコメント: