2015年4月14日火曜日

古い短刀を木工小刀として使う

焼け身で鈍(なまく)らになった古い短刀を手に入れ
仕事で使う特殊小刀を作ってみました
形状は先般手に入れた備中鍛冶の
中西佑水氏の小刀と同様のものに形成しました

焼きが戻っていても
グラインダーにかけると
精緻で細かい炭素鋼系の火花が飛びました
これまでの経験から
このような火花が飛ぶものは
小刀として優れているものが多いので
期待が持てそうです


焼き入れをやり直した状態(参照


やや低めの温度で焼きを入れたので
焼戻しは160度ほどで10分やってみました


焼戻し後、両側から同様の角度で
刃角度が30度ほどになるように研ぎ上げましたが


研いだ感じでは
かなり強靭な焼きが入っている手応えがありました




柔らかめの材で試し削りをやってみましたが
かなり切れが重いので


再度、約190度で20分ほど焼戻しました
これでかなり切れが軽くなり
削り肌も美しくなりました


さっそく仕事で使ってみました


なかなか良い具合です
その後、硬い本黒檀の木口削りをやってみましたが
木口削りの切れも軽く行えました


本黒檀の木口削りを行った後の
刃先の拡大画像(約180倍)
刃先にほとんど変化はありません
研ぎ上がりの状態も良く
かなり練れた粘りのある鋼のような印象を受けます
このような刃先は現代製の玉鋼では
あまり見られないような気がします
この短刀は、時代は古くても江戸時代の中頃と思われ
日本刀の出来としては凡庸ですが
それでも刃物としてかなり優れているのに
正直なところ驚かされました・・



こちらは先に紹介した佑水銘の小刀
鋼は青紙スーパーだということですが
切れはこちらの方がさらに軽く
これにも驚かされた次第であります・・


アールがきついところは
この幅の小刀ではやや削りづらいので
もう少し刃幅を狭くしたいところです


0 件のコメント: