2015年5月2日土曜日

古い会津鉋重高寸六と重則寸八で補強材の厚み仕上げ そして膠接着

製作を始めた2台の特注小型モダン・タイプ(弦長630mm)の
補強材の厚みを仕上げているところ


先日紹介した古い会津鉋、重高・寸六(玉鋼)を
ここでは中仕工鉋として使いました
その前に硬い欅材を削ったりしたにもかかわらず
まだまだ切れは軽く


刃先もほとんど変化はありません
驚くべき永切れです・・


こちらは仕上げ削りに使った重則寸八(玉鋼)ですが
それほど削らなかったので
刃先はほとんど変化はありません




猫も舌を巻いている・・?




猫パンチの動画YouTubeにUPしました



そしてニカワ接着




0 件のコメント: