2015年5月27日水曜日

篠山刀剣会の様子

5月23日(土)
篠山刀剣会の第82回目の定例会が
篠山市民センターで行われました
以下、その様子





今回の鑑賞刀は五振りとも
江戸時代初め頃、慶長期のものが揃えられました
いわゆる慶長新刀と呼ばれているものです




一号刀は慶長期を代表する刀工の一人
山城(京都)国堀川一門の代表刀工
藤原國廣(国広)の平造り短刀
姿・形は鎌倉時代後期のものですが
江戸時代初めの刀工、国広が鎌倉時代のものを写したもの
銘は「藤原國廣」







二号刀は江戸新刀の代表的刀工康継(やすつぐ)の刀
康継は近江(おうみ・滋賀県)出身で、後に越前(福井県)に移住
その頃は下坂と名乗っていた
慶長11年頃、将軍・徳川家康から「康」の字と
徳川家の家紋である葵紋を賜り「康継」に改銘
将軍家の抱え刀工として越前と江戸を往復し鍛刀
銘は「於武州江戸越前康継」
意訳すると「武蔵国江戸に於いて(鍛えた) 越前康継」







三号刀は新刀期の三品(さんぴん・さんぽん・みしな)一門の
代表刀工である金道(きんみち)によって
鍛えられた平造り脇差
銘は「伊賀守(いがのかみ)金道」
伊賀守は受領銘







四号刀は安芸(広島県)で鍛刀していた
二代目・輝広
銘は「播磨守藤原輝廣作」







五号刀は一号刀と同門
堀川国広系の国安によって鍛えられた刀
銘は「国安」

0 件のコメント: