2016年9月23日金曜日

特注ギター2台 指板をニカワ接着

これから指板Shibanの接着
接着する指板を荒削りし、厚みを減らしているところ

本黒檀削りは、やはりハイス鉋がよい
これは粉末ハイス鋼の常三郎鉋、酒壺Miki銘
身幅55mm。刃角度は約28度
この鉋は刃角度をいろいろ試してみたが、
30度ほどにすると極端に切れ込みが悪くなる
28度くらいが最も削り易い
台の仕込みも通常の鉋と変わらない(八分勾配)

接着面を仕上げたところ
使った鉋はやはり粉末ハイス鋼の酒壺
身幅50mm。刃角度は約27度
やや刃角度が低いためか刃先の持ちはいま一つ・・

指板の接着面はこのように仕上げておくと
後々、何かと都合がよい

指板の側を削り、幅を決める

仕上げに使ったのはZDP189全鋼鉋
この鉋は切れは重いが驚くほど永切れしてくれる
刃先から3mmほどを刃角度約28度で研いでいる

膠Nikawa接着の前に温めておく
ネック側もドライヤーで温めている

接着完了
こちらは19世紀ギター
Kiyondタイプ 弦長635mm


弦長640mm


0 件のコメント: