2017年1月17日火曜日

木材の挽き割り ガガリ鋸と窓鋸

楽器用の木材を挽き割る場合
材を無駄なく使う場合は
ガガリ鋸Gagari-Nokoを使っている


鋸歯のアサリ(挽き幅)が約1mmと狭いので
挽き落とした材も使う場合に有利
木材を無駄なく使うことができる
材はホンジュラス産セドロ材

このガガリ鋸は古い伏見鋸
銘は谷口清三郎


挽き痕が滑らかななので
後の鉋かけが楽



端材で

久しぶりにオブジェを作ってみた



同じく7cm幅のセドロ材を挽き割る場合は
尺二サイズの窓鋸Mado-Noko(刃渡り約36cm)を使い
このように材を立てて挽いている


両側から挽き、もう少しで挽き終わる状態
窓鋸は木の伐採で主に使われるので
歯のアサリ(挽き幅)がかなり広く
乾燥材を挽く場合はアサリを狭くした方が
滑らかに挽くことができ、挽き痕も乱れが少ない

上は一尺窓鋸(刃渡り約30cm)
下は尺二窓鋸(刃渡り約36cm
材は尺二窓鋸で挽いたもの


このような材を挽く場合は一尺ものが挽きやすい


この材は幅が5cm程度なので
このように斜め挽きした方が楽に挽ける



両側から斜め挽きした後、最後は材を立てて挽き終える



0 件のコメント: