2017年11月14日火曜日

鉋刃の裏出し

長台鉋の刃裏が切れかかっているので
裏出しと裏押しを行う

裏出しに使う金床とハンマー
どちらもアールの先端を使い
ちょうど指先で摘むような感じで
出したい箇所を叩いていく

できるだけ細い帯状に叩くと
刃切れ(鋼の縦割れ)しにくい

ダイヤモンド砥石(#1000)で砥ぎ
裏の出方を確認

その後裏押し
この画像は金盤の平面出しを行っているところ

私のやり方は、金盤である程度面を出したら
後は硬口の天然砥石で仕上げている

今回は金剛砂にアルミナの粉末(粒度1000ほど)を使ったが
これで裏押しを行い、一見鏡面に仕上がっているように見えても
拡大してみると硬いアルミナの傷が筋状に入っていることが多いので
最後は天然砥石で仕上げた方が無難
以前UPしたYouTube動画参照下さい

この程度に裏押しを行ったら
後は硬めの天然砥石で砥ぎ上げる

4種類の天然を使って砥ぎ上げた状態

裏研ぎに使った天然砥石
左から、硬口の沼田虎砥→硬口の三河名倉砥・アツ→
ここから仕上げ砥で大平産戸前(これはそれほど硬くはない)→
最後に使った硬口の中山産戸前

鎬面を砥ぎ上げたところ


使った天然砥石

ついでに他に二枚を砥ぎ上げる


砥ぎ上げた鉋を仕事で使う







0 件のコメント: