2018年1月16日火曜日

櫛刃鉋を改造


以前紹介した重輝銘の櫛刃鉋は
このままでは使うことがないので
通常の刃先に改造することにした

二枚刃鉋にするので
まず押さえ金を作る

使っていない寸八用を
カットすることにした


鋼部分は金切り鋸で切れないので
金槌で打ち割る

グラインダーで整形して出来上がり
ついでに刃先を通常の形状にした
刃角度は28度


研ぎ上げて出来上がり

鋼は炭素鋼系
刃先は問題なし

研ぎに使った砥石

出来上がり

粘りの強いメープル材で試し削り

切れ味軽く、期待が持てそう

さっそく仕事で使う

2 件のコメント:

みつは さんのコメント...

櫛刃鉋、普通の鉋にしちゃったんですね。
私も要らない鉋で木口削り用に作ってみようかと思ったんですが、やっぱりそんなに便利でも無かったです??

田中清人 さんのコメント...

コメントありがとうございます。
はい、そうですね。
広い面の木口では使えるかもしれませんが、
私の仕事ではまずそんなことはありません。
やはり仕事で使いたいので、
鉋には申し訳ないのですが
改造させてもらいました。