2018年6月2日土曜日

アンモナイトの版画

19世紀にドイツで刷られた
アンモナイトの版画
ロシア産やフランス産と思われるものが
含まれているのが興味深い
ドイツでは200年ほど前から
アンモナイトの研究が行われていて
その成果は世界で最も進んでいるらしい
この版画はその一端を示すものと言えるのでは・・
 
左はヨーロッパ全域で見られる種類ですが
イギリス産のアスピドセラスの一種と思われます

上段右端はドイツ産のアマルテウスの一種
縁のステッチ状の模様が特徴的
その左はロシア産のコスモセラス
左端はフランス産のヒルドセラスと思われます

上段中央はドイツ産の
ペリスフィンクティスの一種か・・

版画のアンモナイトに似ているものを
置いてみました



ロシア産のコスモセラス

0 件のコメント: