2018年11月28日水曜日

紅葉 そして、曽良 奥の細道随行日記

丹波篠山では
紅葉が真っ盛り

さて、これは
昭和17年(1942年)に
松尾芭蕉、生誕300年を
記念して発行された本
芭蕉の弟子、曽良による
奥の細道随行日記

大東亜戦争真っ只中に
このような本が出された
ということに驚かされます

背が崩れて
ひどい状態なので

革を貼って補修

影印ページも
少し紹介されているので
その中から
元禄四年の近畿巡遊日記
のもの二ページを
紹介しておきます
旧暦3月4日~7月25日

読み下しのページ
六月七日、京都の
祇園祭を見学
師の芭蕉は体調を崩し
十日まで休養している

こちらは七月七日の日記

読み下しのページ
奈良県の吉野から
二上山を経て
當麻(たいま)へ向かう
道中記

この件(くだり)は
優れた天然仕上げ砥石の
産地でもある
京都の鳴滝での
道中記
こちらのHPで
紹介している梅ヶ畑村誌
と比較して読んでいくと
興味が増す


最後に、兵庫県神戸市から
西宮市にかけての
道中記を紹介しておきます
先ず湊川神社に祀られている
楠木正成(まさしげ)の
塚を拝し
現在、新幹線の新神戸駅
近くにある布引の滝を訪れ
そこから西に向かい
六甲山を目にしながらの
道中となります
途中、甲山(かぶと山)を
眺め、武庫(むこ)山
のことを六甲山ともいう
と記されているのが
興味深いところです

2018年11月27日火曜日

端材のオブジェ そして猫の焼き物


ネコいろいろ
作者不明

新作端材のオブジェ




ふと思い立って
チタンコーティングされた
アンモナイトを
接着してみました


2018年11月23日金曜日

サントゥールのロゼッタ

来春製作予定の
インド・サントゥールに
取り付けるロゼッタ
Parchment Rosette が
出来上がってきました
素晴らしいデザインです






2018年11月22日木曜日

森砥石さん 新入荷情報

森砥石さんが
試し研ぎのため
新入荷仕上げ砥石を
持って来られました
今回は4丁
どれも側に手挽きの痕が残っている
古いものばかりです

まず最初のもの
産地不明ということでしたが
おそらく西物(保津川から西の)
京丹波のどこか
といった感じの仕上砥です
やや硬口で
研ぎ感は丹波産独特の
やや荒い感じです 

砥ぎ面の様子

反対面の様子

両側の様子
手挽きの痕が確認できます


研ぎ上がりも
丹波産仕上砥に
よく見られるもので
鋼(はがね)はピカリと
光る程度に研ぎ上がりますが
地鉄にやや荒い砥ぎ傷が残ります


次も京丹波産と思われ
おそらく南丹市八木の
八木ノ島産仕上砥と思われます
硬口ですが
滑らかな砥当りです

砥ぎ面の様子

反対面の様子

これも手挽きの痕が残っています

厚みはたっぷりとあります

これも上のものと同様の
研ぎ上がりです


次は京丹波亀岡の
大内(おおち)産と思われる
仕上砥です
やや柔らかめの石質で
心地よく研ぐことができます

砥ぎ面の様子

反対面の様子

両側の様子
左側に手挽きの痕が
わずかに確認できます


柔らかめの石質の影響で
全体にやや荒い砥ぎ傷が付きます
その分研磨力はあります
仕上砥ぎの中継ぎとして
威力を発揮してくれます


最後に
これは東物
梅ヶ畑の中山産と思われる
仕上砥です

小振りで形も不定形
かなり硬口で名倉が必要です


裏面の様子

両側には手挽きの痕が残っています


硬口でサリサリとした研ぎ感ですが
研ぎ上がりは滑らかで
全体に微塵に
美しく研ぎ上がります
剃刀砥として
威力を発揮してくれそうです

以上、価格、サイズなど
詳しいことは
お問い合わせ下さい

研いだ鉋身は
佐野勝二作
昭豊銘の寸八