2019年5月22日水曜日

ギター伴奏でちょっと神戸まで

 ギター伴奏でちょっと神戸まで・・
北野通りは観光客で
すごい賑わいでした
レストラン花の館
パラディ北野にて




ハープ奏者
摩寿意英子さん主催の
発表会にマリア味記子さんも
急遽出演される
ということで
ギター伴奏を担当
することになりました


 
演奏の様子を少しだけ
知人が撮影してくれていました
動画UPしました

2019年5月21日火曜日

森砥石さん新入荷砥石 そして人造砥石研承「成」

若狭砥採掘と人造砥石開発を
やっておられる
天然砥石尚さんのところから
新たな人造砥石が発売されました

研承シリーズの「成」です

さっそく試し研ぎ
YouTube動画UPしました
研承シリーズは
天然砥石と同じように
水をかけてすぐに使えるので
重宝しています

動画で最初に使ったのは
昨年発売された
研承「継」の1000番
優れた天然砥石と同様の研ぎ感で
心地よく研ぐことができますが
やや柔らかめで
私としてはもう少し硬さが
欲しいところだったのですが

この新たに発売された
「成」シリーズは硬口で
カッチリと研ぐことができ
底力もあります
これでしたら鑿研ぎにも使えます
これは粒度gritは1000番ですが
他に3000番、6000番、8000番、
10000番があるようです

そうしているところへ
森砥石さんが試し研ぎの
仕上げ砥石を持ってこられたので
研承「成」grit1000で研いだ鉋を
仕上砥ぎさせてもらいました
これは梅ヶ畑中山産と思われる
硬口の黄板です
研ぎ感は滑らかで
心地よく研ぐことができます

研承「成」1000番の研ぎ傷が
1分ほどで消すことができました

厚みもたっぷりとあり
見事なサイズ
文句なしの仕上砥です


裏の皮の様子

側の様子



研いだ鉋は清忠銘寸二
鋼はヤスキ鋼青紙1号と
思われます

ローズウッドなど堅木の
荒削り用として使っているものです
刃先は強靭で永切れします
刃角度は約30度

サイズ、価格など詳しいことは
お問い合わせ下さい

2019年5月20日月曜日

まるの輪2019新酒が発売される

丹波篠山の丸山集落で作られた
酒米と明石の酒造会社が
コラボレーション
こだわりの日本酒「まるの輪
今年の新酒が発売されました
一生懸命さが伝わってくる
口当たりです









2019年5月19日日曜日

次の製作に取りかかる

工房では
次の製作に取りかかりました
画像は響板に使う
スプルース
次は特注19世紀ギター
8月に大阪で開催される
「アポヤン道・フェスティバル」
に出展する小型モダン・タイプ
弦長630mm 



小型モダン・タイプの裏板
ローズウッド

 メープルの横板を
荒削りしているところ
動画UPしました


2019年5月18日土曜日

サントゥール完成

製作中のインド・サントゥール
弦張りを終えた状態

出来上がった撥 Hanmer を添えて
グルリと眺めた動画UPしました





裏板の中央部は
着脱可能

2019年5月16日木曜日

サントゥールの撥を作る

インド・サントゥールの
撥を作っていく
材はウォルナット
Black Walnut 




使った縦挽き鋸は
古い伏見鋸


古い会津鉋
重長寸六で厚み減らし




荒取り完了

これから使う小刀を研ぐ
動画UPしました

研ぎ上げた小刀

使った砥石

研ぎ上げた小刀で
仕上げていく



重さと重心の位置を微調整


出来上がり