2012年9月5日水曜日

スプルースの光透過実験


いま製作中の2台のラプレヴォット・タイプ
響板に燻煙化学処理された
アルペン・スプルースと
未処理の同じ産地のスプルースを使っています

サウンドホールの縁飾りを入れる部分を
削り取ったところで、ふと
処理されたものと未処理のものの
光の透過具合はどうなのだろうかと思い
いい加減な実験ですが
ちょっと比べてみました
上の画像は右が30年ほど自然乾燥させたものを
燻煙化学処理してもらったもの
左は未処理のもので
20年ほど自然乾燥させています



心なしか右の処理されたものの方が
光の透過率が低いような気がします


溝を彫ったところはどちらも
厚みは2mmほどです





溝を彫っていないところは
どちらも現状の厚みは約3,2mm

こちらは未処理のもの


こちらは燻煙化学処理されたもの



これに、このような電球を当て


反対面から見ると
未処理のものはこのように透過します



そしてこちらは処理されたもの
やはり燻煙化学処理されたものの方が
光の透過率は低いようです

このような実験を思い立ったのは
ここ30年ほど150年以上経った古いギターを
かなりの数修理・修復してきましたが
響板に使われているスプルースは
ほとんど光を透過しないのです
それが何故なのか、そしてどれ位の年数で
透過しなくなるのか
ということを知りたいと
かねがね思っていたのです



そういうこともあり
25年ほど前にやってみたことのある
実験をもう一度やってみました
上のスプルースは30年ほど自然乾燥させた
アルペン・スプルースですが

このように光が透過します



これを家庭用アイロンの強(約190度)で



このような状態になるまで
両面から熱をかけてみました
時間にして片面2分ずつ、合計4分ほどです


やや透過率が下がったような感じです




これをさらに高い温度で
両面から少し焦がしてみました
時間は片面数秒です



そうすると焦げた部分は
ほとんど光を透過しなくなりました

これは木質部が炭化したためだろうと
思われますが、内部までは
影響は及んでいないようにも思えます

真相を知りたいところであります・・


3 件のコメント:

源 信正 さんのコメント...

http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/seizousangyou/monodukuri/data/monotai3_yamaha.pdf
高圧水蒸気処理でも可能なんですね。
150年経過した素材に近い音を出せたようです。

kiyond さんのコメント...

ありがとうございます。
数十分で処理ができるというのはスゴイですね。
今後注目していきたいと思います。
大企業がやっていることなので、
我々は相手にしてもらえないでしょうが・・

源 信正 さんのコメント...

人間国宝は大企業にはいません。
大企業にはまねのできない、お客様の要望にあった、きめ細かな対応、対処
ができるのは、我々のような技術者・職人だと信じて日々研鑽してます。