2022年8月17日水曜日

ニス塗りにかかる そせて琵琶の撥を補修


製作中の特注
19世紀ギター
Laprevotte 
ラプレヴォット・タイプ
弦長640mm
ニス塗りの状況

着色には
ウッド・ジェル・ステイン
を使ってみた

ムラになりにくく
ある程度の目止めもでき
なかなか具合がよい

響板はクリア・シェラックで
仕上げていく

こちらは
筑前琵琶の補修

この撥は、数年前
先端の摩耗した部分に
継ぎ木したものですが
再度補修の依頼があったもの
数年でここまで
先端が摩耗するほどの
練習量に驚かされます

補修を終えた状態



2022年8月15日月曜日

鳳凰のような雲 そして保護色


鳳凰のような今日の雲


こちらは工房入口の
アマガエル
保護色完璧・・?



工房では琵琶撥の補修


摩耗した先端部を削り
別のツゲ材を接着する

使った鉋は古い清忠銘寸二
鋼は青紙1号と思われる

刃先がこのように
摩耗して白くなっていても
よく切れてくれる
このような鉋には
なかなかお目にかかれない

2022年8月14日日曜日

ブリッジ接着 そしてコブヒトデ


ラプレヴォット・タイプの
ブリッジを接着

クワガタ曲線


こちらはコブヒトデ

アサガオと一緒に


色を着けて遊ぶ



こちらは自然の色


2022年8月13日土曜日

自然の造形物は師 そしてクワガタ曲線

 

ブリッジを作るときは
昆虫標本を参考にする





こちらは
金属工芸作品の蜘蛛
よくぞ作ってくれた



そして自然の造形物
マメスナギンチャク

それをフギュア化する
作家さんが存在するのは
嬉しい

これはクラゲの一種
自然は不思議・・

2022年8月12日金曜日