2013年12月29日日曜日

Gelas風フラット・マンドリン完成

製作中のGelasジェラ風フラット・マンドリンが出来上がりました
これでしばらく様子を見てみようと思います




















森砥石さん新入荷情報

森砥石さんが、新たに入荷した仕上砥を
試し研ぎのため持って来られました
まず、京都梅ヶ畑産の巣板
やや柔らかめの石質


こちらの面は皮が付いていた方だということで
反対面には太い筋が入っているので
こちらを研ぎ面にしたそうです


両側の様子


やや柔らかめですが研ぎ面の弱さはなく
力強く研ぐことができ、強い研磨力があります
筋は当たりません


地鉄は微塵に曇り、鋼は光るほどに仕上がります
このままで充分仕事で使えます

どなたか、この画像をこのようにアレンジしてくれました
素晴しい


本来の研ぎ面は反対面よりもやや硬めですが
反応はほとんど同じです
上方を横切っている筋はほとんど当たりません


研ぎ上がりもほとんど同じです



こちらは京都亀岡・大内産、大判の戸前です


研ぎ面の様子


裏面の皮の様子


両側の様子


上の梅ヶ畑産巣板よりはやや硬めで
よく反応し、強い研磨力があります


丹波産仕上砥らしく、地鉄にはやや荒い傷が付きますが
鋼には及びません
鋼は上の梅ヶ畑産巣板と同様
光るほどに研ぎ上がります

鉋身は古い長光銘・寸八
鋼は炭素鋼系

以上、サイズ、価格など詳しいことは
森龍次商店までお問い合わせ下さい

2013年12月20日金曜日

ZDP189全鋼鉋と燕鋼鉋、高炭素鋼鉋 3丁削り比べ


前回に続き、ZDP189全鋼鉋寸四(身幅55mm)と
燕鋼鉋寸四、高炭素鋼鉋寸四、3丁で削り比べを行いました
YouTube動画UPしました







これはZDP189全鋼鉋寸四
削った木は、前回の動画で荒削りをしたスプルース材(軟材)
切れは比較的軽く、楽に削ることができますが
削り屑に艶がありません


削り肌
画像ではよく分かりませんが
所々に筋が入り、全体に荒れています



これは燕ツバメ鋼寸四
動画の音でもお分かりのように
切れが重く、削り屑にも艶がありません


削り肌も荒れています



これは高炭素鋼鉋寸四
切れは軽く、削り屑に艶があります


削り肌にも艶があり
滑らかに仕上がっています

ZDP189鉋身を台に挿げた後 試し削り

研ぎ上げたZDP189全鋼
寸四(身幅55mm)鉋身
の台を作っていく
鉋身は全鋼で、裏出しが出来ないので
ベタ裏にならないように
刃先からやや角度を付けて研ぎました
使った砥石は中研ぎは
電着ダイヤモンド砥石と
人造砥石二種、仕上は天然砥石

鎬面は刃先から1mmほどを
刃角度約30度で研ぎ上げ
使った砥石は裏と同じもの

台にする樫材を窓鋸で製材しているところ

鉋身が収まるところに墨付けをし

ノミで荒掘り

身が収まる溝を切っているところ

台が出来上がりました



YouTube動画に下端の仕上について
質問がありましたので
画像を紹介しておきます
他にもUPしております


スプルース(軟材)と

本黒檀(堅木)を削ってみた
スプルース削りは切れがやや重く
削り肌もやや荒れていましたが
堅い本黒檀には威力を
発揮してくれました

動画撮影後の刃先の状態
小刀同様、刃先の磨耗は早かったのですが
切れは止んでおらず
堅い本黒檀を削っても永切れします

2013年12月18日水曜日

Baroque Guitar バロックギター完成

バロックギターが出来上がりました
音出しをYouTubeにUPしました
弦長630mm 12フレットまで牛骨固定フレット