2021年10月19日火曜日

イベント紹介 丹波篠山クラフトヴィレッジ

 





丹波篠山の様々な工芸家の作品が展示販売される
「クラフトヴィレッジ」が
10月30日~11月3日に
開催されます
クラフトマーケットは
30日と31日
作家さんの工房を見学できる
オープンファクトリーは1
1月3日まで
10月31日はジュエリー作家の
石井雄次さんの工房で
マリア味記子さんと私による
コンサートを行います
皆様ぜひお越しを!


ジュエリー作家
石井雄次さんのアトリエ

丹波篠山の自然が
満喫できます

こちらは延期になった
河野甲さんとコウノシゲコさんの作品展の紹介
11月3日~12日に開催されます
私たちのコンサートは
11月7日(日)13:30開演です


拙作の新作 ディタルハープ
コンサートで初披露されます


2021年10月17日日曜日

琵琶置き台を作る


平家琵琶の置き台を作る
材は琵琶の甲板に使った
紫檀の端材



台部分出来上がり

柱を作っていく

窓鋸で製材









出来上がり

2021年10月14日木曜日

平家琵琶出来上がり


この替刃式両刃鋸は
たいへん優れているのですが
柄の握り部分が
ネチっとした
軟質プラスチックなので
どうしても我慢ならない

ということで
使わなくなった
木の柄を改造して

さっそく使ってみた
これで心地よく使える

挽いたのは
平家琵琶の柱juを
作るためのツゲ材



鉋は古い会津鉋、重輝

この鋸は樹脂用

縦挽きにも威力を
発揮してくれる優れもの

こちらは
組子用の精密胴付鋸


そして出来上がり



2021年10月12日火曜日

秋の味覚 そして鬼の架け橋


立杭焼のぐい呑みに
丹波栗

乾山風陶器に柿


ムラサキツユクサが
まだ咲いている


種か・・

そして
カタツムリ

こちらは
江戸時代の画家
広重が描いた
丹波鐘坂kanegasaka
の「鬼の架け橋」


こちらは実物
ということは
広重さんは実物を見て
描いていないな・・

2021年10月11日月曜日

平家琵琶製作 撥面と落帯を接着 そして転手


製作中の平家琵琶
撥面と落帯rakutaiを接着


撥面の絵は注文主様が
太鼓の革に絵付けをする
専門家に描いてもらった
ということです

霊鷲山の天空に聳える
宮殿で説法している釈迦に
宝珠を捧げる図


同様の絵は
平安時代に描かれた
平家納経にも見られます

落帯

そして
転手(糸巻き)の加工