2013年3月17日日曜日

写実考


3月14日のブログで画家・磯江毅氏のことを述べましたが
それを読んで下さった方から連絡を頂きました


一昨年、奈良県で開催された「磯江毅展」を 
ご覧になったということで、その感想と
1991年発刊の「月刊美術」誌195号に掲載されている
磯江氏の文章を紹介して下さったのです
こういったことは大変ありがたく、この場にて改めて御礼申し上げます
ご本人から了承を頂きましたので、月刊美術の記事を紹介します


「リアリズムとは、言うまでもなく写実主義の事であり、
写実とは実を写すと書く。
そして実とは真実の実であり、現実や果実の実でもある。
実とは、肉眼を通じて精神に映し通した像を言うのだろうか。
 見つめれば、見つめる程、物の存在が切実に移り、
超現実まで見えてくる事がある。そこまで実感し、感動を起こす
精神の繊細さをもって初めて実を写せるのではないだろうか。
習い覚え、慣れ親しんだテクニックだけに頼って
機械的に描かれた画面に、実が宿るはずがない。」



「日常生活の中で見慣れた物でも、見れば見る程、
その本来の用途や目的を忘れさせ、
初めて接する物の様に思えてくる事もある。
その時の視覚や感覚が先入観や観念を追いはらい、
新たに個人的な関わりを持ち始めてしまうからかもしれない。
当たり前の物でも、あえてこだわれば、もう当たり前でなくなってしまう。
そこで初めてリアリティに触れたと言えるのではないだろうか。」


14日に述べた私の戸惑いの原因はここのところにありそうですね・・



ですが、手許にある柿崎亨氏の絵は
磯江氏の絵ほど細密には描かれていませんが
私はこちらの絵の方に物の存在の本質を感じるのです
それと同時に作家の個性も感じる

磯江氏の絵には物の本質というよりも
作家の本質が濃密に込められていると私には感じる・・
なのに、作家の個性は感じないのです
これは不思議な感覚です・・
このことを認識できたことは大きな収穫で
紹介頂いた磯江氏の文章(言葉)を受けなければ
このことには気付かなかったかもしれません
絵というものはほんとうに不思議です・・
そして、そのことを言葉で表現するということの
難しさ、もどかしさも痛感するのです・・



そういうこともあり、写実についてもう少し知りたいので



森本草介氏の画集を注文したのでありました・・


0 件のコメント: