2013年9月20日金曜日

古い石堂輝秀鉋寸六を研ぐ

YouTubeにUPした研ぎ動画の画像を紹介しておきます
研いだ鉋身は古い石堂輝秀寸六(身幅66mm)
刻印の様子から昭和30年代以前のものだということです
はがねは安来鋼青紙と思われます
最初に使った砥石は中研ぎ用の人造砥石
メーカー不明の#1000


この砥石も次に使うPAPA2000同様
5分ほど水に浸けておく必要があります 


粒度が均一で研ぎ傷はそれほど深くはありません
研ぎ易い人造中砥です


次は前回紹介した兵庫県三木市の内藤商店から
出されているPAPA2000


丹波産青砥と同じような針気(はりけ・針のような筋)が見られますが
鋼には及んでいないので悪影響はありません



仕上げ研ぎの中継ぎには京丹波亀岡市の北隣り
南丹市八木町池ノ内産の戸前を使いました


ほど良い硬さで反応よく、強い研磨力があります


鋼はピカリと光るほどに仕上がり
これで充分使える状態です



一応、最終仕上げを行いました


これは京都梅ヶ畑・五千両産と思われる
硬めの仕上砥


はがねは鏡面に仕上がり、地鉄じがねの肌が現れます


刃角度は約31度


刃先の拡大画像
研ぎ上がりに問題はありません

試し削り動画参照下さい

0 件のコメント: