2015年5月4日月曜日

今日の作業 ネック材の荒削りにはやはり二寸鉋がよい



ギター・ネック材の荒削りはやはり二寸鉋がよい
古い会津鉋・重利二寸と田圃義廣二寸(どちらも玉鋼)


古い会津鉋、重利二寸


後代と思われる田圃義廣二寸


左は会津鉋・重利(玉鋼、刃角度は約28度)
右は田圃義廣(玉鋼)
刃角度は刃先から3mmほどを
約28度に研ぎ上げている


ヘッド部分をカットする






使った縦挽き鋸Ripsawは古いもので
京都伏見の谷口清三郎


ギターのネックらしくなってきました





こちらは修復中の1909年製 Gelasジェラ・マンドラ




3 件のコメント:

Siavosh さんのコメント...

Hi, wonderful work as usual. I'm a big fan of Japanese woodworking but as a westerner it's very difficult for me to find more Japanese woodworking blogs like yours. Are there any you know of and recommend? Thank you!

田中清人 さんのコメント...

Thank you for your comment.
Try web search in Japanese that ブログ 木工道具.

Siavosh さんのコメント...

Thank you!